この記事は約 1 5 秒で読めます。

ゴルフには様々なマナーがあることから、別名「マナーのスポーツ」とも言われています。
コースでのプレーの際のマナーはもちろんのことですが、服装にもきちんとしたマナーがあることをご存知ですか?

「そんなの知らなかった!」というゴルフ初心者の方のために、こちらではゴルフでの服装マナーについて簡単にご紹介したいと思います。

ゴルフ場のほとんどがメンバーシップ制!

ゴルフは紳士の国イギリスが発祥のスポーツです。
日本にある多くのゴルフ場も、本場のイギリスにならいメンバーシップ制にしているコースが多くあります。
メンバーがそれぞれお金を出し合って運営しているゴルフ場を開放してもらっているわけですから、メンバーである彼らの誇りとも言える風土を汚すような真似をしてはいけません。

ですから、服装にもきちんとしたマナーがあります。

ゴルフ場に行くとき帰るときの服装

紳士のスポーツですからだらしのない格好なんてNGです。
ゴルフ場に来た時からプレーの終了までは服装に注意しなければなりません。
ドレスコードを守りましょう。

  • 必ずジャケットを着用すること(ただし熱い夏場は着用しなくても良いとするゴルフ場もあります)
  • シャツは襟付きのものにしてください。またシャツを裾から出すというだらしのない着かたは厳禁です。
  • 短パン着用時にはロングソックスを履くこと。

ゴルフは紳士のスポーツです。
ジャージや上着を着てこないというのは禁物です。

SPONSORED LINK

プレー中の服装は?

まず、飛んできたボールから頭を守る、あるいは熱中症防止という意味を込めて、帽子やサンバイザーは必ず着用して下さい。

また、シャツは襟付きものか襟の高いものを着用しましょう。もちろん、裾を出すなんてことはせず、きちんと裾を入れてベルトを締めて下さい。
忘れがちなことですが、男性が短パンを着用する際にはハイソックスをはきましょう。

コースを痛めないという理由から、メタルスパイクが禁止されているゴルフ場が多くなってきているので、靴にも気をつけて下さい。

以上がゴルフでのドレスコードになります。
プレー中だけでなくゴルフ場の来場時や退場時にもマナーがあることに驚かれたかもしれません。
これは、ゴルフというスポーツだけでなくゴルフ場の風格を守るためのものでもあります。

ドレスコードを破ることは決しておしゃれではありません。
きちんとした服装で気持よく、そして楽しくゴルフをプレーすることを心がけましょう。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?