この記事は約 1 14 秒で読めます。

どうせならバストアップも無駄なく効率的に行いたいものですよね。

効果的にバストアップをするためには、女性ならではの周期である生理周期をきちんと認識し、そのタイミングに応じて口にする食材を変える必要があります。

こちらでは、バストアップと生理周期の関係性についてご紹介しますので、「バストアップを絶対成功させたい!」という方は必見です。

生理周期をきちんと知っていますか?

生理周期には、生理中の「月経期」と卵胞の中で卵子が成熟する「卵胞期」、そしてその卵子が卵胞から飛び出す「排卵期」があります。

さらに、排卵後から次の生理が来るまでの間を黄体期といいます。

その中でも、女性ホルモンであるエストロゲンが多くなるのが月経期~排卵期の間であり、プロゲステロンが多くなるのが黄体期になります。

それぞれの女性ホルモンは、バストアップには欠かせませんのでそれぞれの時期に応じた食材を食べ、女性ホルモンの働きをより高くしましょう。

生理周期を踏まえて効率的にバストアップしよう!

月経期~排卵期

この月経期~排卵期の間には、分泌される女性ホルモンエストロゲンがさらに多く分泌されるように、エストロゲンの分泌を促す栄養素を多く含むキャベツや大豆そしてアボカドを摂取するように意識しましょう。

さらに、植物性エストロゲンが豊富なざくろも適しているでしょう。

このように、エストロゲンが分泌されている期間にエストロゲンの分泌を促す食べ物を食べることによって、さらに多くのエストロゲンを分泌させバストアップさせるということなんですね。

黄体期

黄体期ではエストロゲンではなく、プロゲステロンが多く分泌されます。

このプロゲステロンもバストアップの効果がある女性ホルモンです。

プロゲステロンのバランスが多くなっている時には、上記のようなエストロゲンに作用するもしくはエストロゲンのような働きをする食べ物は控えるようにしましょう。

というのも、黄体期本来のエストロゲンとプロゲステロンのバランスが乱れてしまうことにより、プロゲステロンの持つバストアップの働きがうまく作用しなくなるからです。

ですから、プロゲステロンが多くなる黄体期にはエストロゲンを活性化させるような食べ物は口にしないほうが効率的にバストアップが出来ます。

このように、たとえバストアップに効果があるとされている食べ物であったとしても、生理前に見られる黄体期に摂取すると本来の効果が十分に得られなくなってしまうんですね。

また、バストアップに効果的な食べ物を食べたからといってすぐには結果が現れるということはありません。

毎日の生活の中で継続して上記でご紹介したような食べ物を食べるタイミングなどを意識するようにしてくださいね。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活のお悩みを解決する情報や役立つ情報を配信しています。