離婚後の養育費の支払いはみんなどうしているの?

一度は生涯を共にしようと誓った相手と別れなければならなくなった時、そこに夫婦がかつて抱き合っていた愛情は、既に消えているかもしれません。

しかし、もし2人の間に「子ども」がいたなら、子どもには成人するまで親から「養育費」を貰い続けられる権利が残ります。元夫婦がどんなに憎しみあっていても、子どもに残された権利は消えることはありません。

しかし、別れてしまった夫婦の関係は、時間とともに変わっていきます。元夫にも、元妻にも、新しい出逢いがあるかもしれません。更には新たに家族をもつ機会だって、もちろんあるかもしれないわけです。

そうした時に、養育費の支払いが「負担」として浮き彫りになることが、ないとは言えません。

払いたくないわけではない、けれど、現実としてこれまで通りの額面を支払うことが難しくなってきた時、元夫は、元妻は、どのように立ち動けば良いのでしょうか。

父の自覚・母の自覚

個人の幸せ追求について、かつてないほどに重きが置かれるようになった現代社会。

一度は終生の愛を誓い合った仲にも、変化の波は訪れます。諸行無常の響き通りに、かつての夫婦は「元夫婦」になり、子どもの多くは母に引き取られて新しい生活を過ごすことになります。

父は、子どもと離れて暮らすことになっても、毎月「養育費」を支払う取り決めを離婚時に交わしており、決められた額を支払い続けます。

その大半が子どもが成人を迎えるまで、もしくは大学卒業までという期限を決めて。

しかし、環境はいつ何時、変わっていくかわからないのが人の世の常。離婚からしばらくして、元夫婦はお互いに新しいパートナーを見つけ、新しい家庭を築くことになりました…。

では、今まで支払われていた養育費はどのように変わるのでしょうか?

子どもには継父ができ、経済的には豊かになることになりました。元夫には新しいパートナーとの間に子どもが生まれることになったそうです。

そしてある日、元夫名義で「養育費減額の申し立て」が届きます。これは、正当なものなのでしょうか…?

サイト内では、養育費の減額をする側・される側の事情を掲載し、飽くまでも「子どものための養育費」という観点で、父母の自覚の下に、どうすればみんなが幸せに、円満に養育費について考えられるか考察しています。

再婚を考える全ての子持ち男女に、真剣に向き合っています。









結婚相手が「バツイチ」「子持ち」だったら?

自分自身は初婚でも、もし、結婚を考えている相手がバツイチ・子持ちであったら、どんなことが結婚の「障害」になり得てしまうのでしょうか。

何も障害のない二人で当ても、結婚は愛だけではクリアできないことがたくさんあります。そんな結婚について、端からちょっとハードル高めの相手を選んでいる場合、あなたはどんなことを頭に置いて、そしてどんなことに覚悟をしておかなければならないのでしょうか。

結婚を考えている相手が、元妻に育てられている子どもに「養育費」を払っていたら?これからの生活の圧迫にはならないのでしょうか?

その養育費について、あなたはどのように考えれば良いのでしょうか?

養育費とはそもそもどのようなもので、どうして支払われているものなのかも解説しながら、サイト内の記事では、バツイチで子持ちの相手との結婚を真剣に考えている人をサポートします。