離婚後の養育費について

離婚後の養育費の支払いはみんなどうしているの?

一度は生涯を共にしようと誓った相手と別れなければならなくなった時、そこに夫婦がかつて抱き合っていた愛情は、既に消えているかもしれません。

しかし、もし2人の間に「子ども」がいたなら、子どもには成人するまで親から「養育費」を貰い続けられる権利が残ります。元夫婦がどんなに憎しみあっていても、子どもに残された権利は消えることはありません。

しかし、別れてしまった夫婦の関係は、時間とともに変わっていきます。元夫にも、元妻にも、新しい出逢いがあるかもしれません。更には新たに家族をもつ機会だって、もちろんあるかもしれないわけです。

そうした時に、養育費の支払いが「負担」として浮き彫りになることが、ないとは言えません。

払いたくないわけではない、けれど、現実としてこれまで通りの額面を支払うことが難しくなってきた時、元夫は、元妻は、どのように立ち動けば良いのでしょうか。

父の自覚・母の自覚

個人の幸せ追求について、かつてないほどに重きが置かれるようになった現代社会。

一度は終生の愛を誓い合った仲にも、変化の波は訪れます。諸行無常の響き通りに、かつての夫婦は「元夫婦」になり、子どもの多くは母に引き取られて新しい生活を過ごすことになります。

父は、子どもと離れて暮らすことになっても、毎月「養育費」を支払う取り決めを離婚時に交わしており、決められた額を支払い続けます。

その大半が子どもが成人を迎えるまで、もしくは大学卒業までという期限を決めて。

しかし、環境はいつ何時、変わっていくかわからないのが人の世の常。離婚からしばらくして、元夫婦はお互いに新しいパートナーを見つけ、新しい家庭を築くことになりました…。

では、今まで支払われていた養育費はどのように変わるのでしょうか?

子どもには継父ができ、経済的には豊かになることになりました。元夫には新しいパートナーとの間に子どもが生まれることになったそうです。

そしてある日、元夫名義で「養育費減額の申し立て」が届きます。これは、正当なものなのでしょうか…?

サイト内では、養育費の減額をする側・される側の事情を掲載し、飽くまでも「子どものための養育費」という観点で、父母の自覚の下に、どうすればみんなが幸せに、円満に養育費について考えられるか考察しています。

再婚を考える全ての子持ち男女に、真剣に向き合っています。

SPONSORED LINK

結婚相手が「バツイチ」「子持ち」だったら?

自分自身は初婚でも、もし、結婚を考えている相手がバツイチ・子持ちであったら、どんなことが結婚の「障害」になり得てしまうのでしょうか。

何も障害のない二人で当ても、結婚は愛だけではクリアできないことがたくさんあります。そんな結婚について、端からちょっとハードル高めの相手を選んでいる場合、あなたはどんなことを頭に置いて、そしてどんなことに覚悟をしておかなければならないのでしょうか。

結婚を考えている相手が、元妻に育てられている子どもに「養育費」を払っていたら?これからの生活の圧迫にはならないのでしょうか?

その養育費について、あなたはどのように考えれば良いのでしょうか?

養育費とはそもそもどのようなもので、どうして支払われているものなのかも解説しながら、サイト内の記事では、バツイチで子持ちの相手との結婚を真剣に考えている人をサポートします。

離婚後に再婚した場合って養育費が免除になったり減額したりする?

離婚後の養育費について

離婚する夫婦が年々増えている現代社会ですが、離婚によって夫婦間のトラブルが解消できたとしても、2人の間に子どもがいた場合、子どもとは一生関係が続いていきます。 子どもの成長に関して、両親が心情的に関心を寄せるのはもちろん・・・

離婚後に元嫁が再婚した場合も養育費を支払い続けなくてはいけない?

離婚後の養育費について

離婚した元嫁が別の相手と再婚した場合の養育費について 離婚をした夫婦において、養育費を支払っている側で多いのはやはり元夫、子どもから言うところの実父です。 子どもを母親が引き取ることが多いのと、母親の収入が父親より大幅に・・・

養育費算定表とは?養育費は離婚相手の再婚などによって変わる?

離婚後の養育費について

離婚相手の再婚で養育費の変更はあるの? まず、養育費について、基本的に頭に入れておかなければならないのは「養育費とは子どものための費用である」ということです。 ここで何らかの考え違いをしてしまうと、養育費はあたかも元パー・・・

離婚後の養育費で後悔しない!再婚を考慮した公正証書の作成とは?

離婚後の養育費について

現代の日本において、養育費の取り決めをして離婚をしたカップルで、その後も本当に養育費が支払われているケースは、残念ながら先進国の中では低いところに位置しています。 それはなぜなのでしょうか。 日本では、未だに「離婚をする・・・

養育費を支払っている最中の男性と結婚したい!離婚し子供がいる相手との再婚について

離婚後の養育費について

相手に離婚後の養育費がある場合、確認しておきたいポイントとは? 結婚を考えている相手が、もしバツイチだったら、そのことについてあなたはどのように考えますか? ただのバツイチであれば、「もう失敗はしないはず」と前向きに捉え・・・

離婚して現在養育費を支払ってます。別の相手との再婚時に注意したい事とは?

離婚後の養育費について

離婚して養育費を支払っているけど、心機一転して再婚をしたい 夫婦間の事情で離婚に至り、子どもに対して養育費を支払っている場合に、新しい出逢いがあり、再婚することは全く悪いことではありません。 しかし、ただバツイチであるこ・・・

養育費を滞納されて困ってる!強制執行をするときの注意点や手順

離婚後の養育費について

養育費を払っている側の経済的な事情だけでなく、再婚などの事情によって、養育費が滞納される、または支払われなくなるというのは、トラブルの中でもよくあることです。 しかし、支払われる側である子ども本人にとって、これほど不利な・・・

再婚と養育費のトラブルはケースバイケース!具体的な事例を説明!

離婚後の養育費について

養育費を巡るトラブルでは、「再婚」をキーワードにしたトラブルというものがそのほとんどを占めます。 それは養育費を払っている側・支払われている側に関わらず、とにかくどちらかの親が「再婚」をすることにあたり、離婚時に決めてい・・・

養育費に関する法律は時代に合わせ変化してる!最新の情報とは?

離婚後の養育費について

民法と言うのは明治時代に作られたものがまだ継続しているものも多いので、時代に即していない法というものも多くあります。 またそのことが現代社会に生きる私たちにとって不利になることもないとは言えません。 しかし、中には時代に・・・

離婚時に話し合っておきたい養育費の重要なポイントとは?

離婚後の養育費について

離婚をするときと言うのは、そのほとんどの夫婦がお互いに「プラス」の感情を抱いていることは少ないので、できれば早く「この状況」から抜け出したいと思っている人が多いはずです。 そのため、本当は話し合っておくべきだった事柄につ・・・

ページの先頭へ