少し奮発して洗顔石鹸をつかってみよう!

朝・晩の洗顔で、あなたは現在どのような洗顔石鹸を使っていますか?

ドラッグストアに置いてある洗顔フォームでしょうか?通販で購入した洗顔石鹸でしょうか?

洗顔石鹸や洗顔フォーム1つにしても膨大な種類が市場に溢れている現代では、これまで使用してたものから変更しようとするだけで「一体どれがいいの??」と迷ってしましますよね。
美白が出来る方がいい?それとも毛穴が目立たなくなる方がいい?保湿もできる?キメが細かくなる?

洗顔石鹸の特徴を見ていても気になる効果があり過ぎて迷いは尽きません。というわけで、このサイトではお肌の悩みや気になるポイントに合った洗顔石鹸を選ぶコツや様々な洗顔石鹸についてお得な情報を紹介していきます!

あなたにぴったりの洗顔石鹸をみつけて、あなたの肌がもっと美肌になることを願って!

「洗顔用」と「身体用」の石鹸の違いってそもそも何?

まず基本的なことなのですが、石鹸とは動物もしくは植物性の「油脂」を原料にして作られた脂肪酸ナトリウムまたは脂肪酸カリウムのことを指しています。身体には使用しませんが、廃油から手作り石鹸ができるのも、こうした「石鹸」の特徴によるところがあります。

油脂を原材料にしているにも関わらず、石鹸と言うのは化学反応によって「界面活性剤」になっているものなので様々な汚れ(油脂汚れまで!)落とす事ができますよね。

また自然の油脂(オリーブオイル)などから作られた石鹸は、合成洗剤などと異なって身体に使用する際に肌に優しい仕様となります。

基本的には身体に優しく使用できるものであるならば、顔に使用することは可能なのですが、顔と言うのは身体の皮膚の中でも「厚みが薄い」皮膚であるので、より肌に優しい石鹸を使うことが好まれているのです

今までは洗顔用であっても「洗浄力」が重要視されてきたので合成界面活性剤が人気を集めていましたが、時代は「肌に優しい」ことを重視するようになりました。すると今まではちょっと存在が薄くなっていた「洗顔石鹸」にまた光が当たるようになってきたのです。

SPONSORED LINK

洗顔石鹸で大切にしたいこと

肌に優しいことに重きがおかれるようになってはきていますが、実際にはまだ現代日本では洗顔石鹸より洗顔フォームを利用している人の方が多いのが事実です。

確かに洗顔フォームはチューブ式であることが多く、利用しやすい点において石鹸を上回っていると言えます。さらに石鹸は「使うと突っ張る」という誤解が今も浸透している部分があります。

しかし、石鹸も今まで研究や開発がずっと続いてきましたので、最近の洗顔石鹸はそもそも「天然成分からできている」ことに加え、洗い上がりなどもとても心地よくなっています

さらには泡立てネットなどの普及で、以前より確実にもこもこと泡立てることが容易になっていますので、肌への「良さ」は格段に上がっています。

石鹸はこれまで述べてきたように、ほとんどが植物や動物と言った天然成分が原料になっているのですが、アミノ酸系石鹸・弱酸性石鹸・中性石鹸といわれるものには合成界面活性剤が配合されているので、せっかく洗顔に石鹸を使うのであれば、天然成分で精製された石鹸を使うことをおすすめします

ページの先頭へ