この記事は約 2 19 秒で読めます。

肌トラブルの解消や、肌の健康状態を保つには洗顔石鹸での洗顔か欠かせません。

しかし、そのきちんと洗顔をしなければ洗顔石鹸や洗顔の効果を十分に得ることができません。

そこでこちらでは、正しい洗顔方法について簡単にご紹介します。気になる方は是非参考になさってくださいね。

洗顔石鹸の正しいスキンケア方法とは?

洗顔は列記としたスキンケアの1つです。

肌の健康状態をキープしたり、お肌に生じたトラブルを改善する上では必須です。そのために、自分の肌や目的に合った洗顔石鹸を選び使われるかと思います。

しかし、正しい洗顔方法で行わなければ何の意味がありません。正しい洗い方とはどのようなものなのでしょうか?

水で洗うのは避けて!

皆さまは洗顔では水を使っていますか?

おそらく朝の寝起きに洗顔をする方が多いかと思います。

するとやはり、目を覚ますために冷たい水を使って顔を洗うことでしょう。

しかし、正しい洗顔をするためには水道から出てくる冷たい水ではなく、ぬるま湯を使わなければなりません。40度がベストな温度になります。

冷たい水の場合だと毛穴が閉じてしまいます。毛穴はなるべく開いている状態で洗顔を行わなければ十分に汚れを洗い流すことはできません。

ですから、ぬるま湯で毛穴を広げた状態にしてから顔を洗うように心がけて下さいね。

また、忙しい朝にはなかなか出来ませんが、洗顔前にホットタオルで顔を蒸らすこともとても効果的だと言えます。

蒸しタオルはタオルを水で濡らし、レンジでチンするだけで作れますのでお試しください。仕事から帰ってきてから蒸しタオルをすれば、心も顔もリフレッシュできますよ。

ゴシゴシ擦らず優しく撫でるように

肌の汚れを落とそうと、洗顔時に顔をゴシゴシと擦る人がいます。

しかし、そんなにゴシゴシ強く擦らなくても、汚れは落ちます。優しく泡で撫でるように洗顔してください。

また、ゴシゴシと擦ってしまうと肌荒れにも繋がりますので避けるようにしてください。

洗顔時だけでなく、洗顔が終わって顔の水分を拭き取る際にもタオルをゴシゴシ擦ってはいけません。

タオルを優しくポンポンと当てて水分を拭き取るようにしましょう。

このような注意点を守るだけで、随分と洗顔方法が改善され、洗顔石鹸や洗顔の効果をより得ることが可能となります。

また、この他にも洗顔で重要となる点がいくつかあります。次の項目では洗顔石鹸の泡立て方についてご説明します。

洗顔石鹸を泡立てる際に気をつけたい注意点とは?

引き続き洗顔石鹸での正しい洗顔方法についてご紹介します。

忘れてはいけない重要なポイントに泡立て方があります。

洗顔によるスキンケアの基本として語られることの多い、泡の立て方。

どうしてそんなにも泡立て方が重要視されるのかというと、泡立ち方によって洗顔によって得られるスキンケア効果が大きく
変わってくるからです。

それでは、どのような泡立て方をすればよいのでしょうか?

洗顔で大切となる洗顔石鹸の泡立て方のコツとは?

キメの細かい泡を作ろう!

洗顔石鹸でスキンケアを行う際に心がけたいのが、出来る限りきめの細かい泡を作るということです。それをなおざりにしてはいけません。

中には、洗顔石鹸を手にとってからすぐに洗顔をはじめ、顔の表面で泡立てる方がいらっしゃるかもしれません。

もしもそういう洗顔をしている方がいらっしゃるのならば、今後はそのような洗顔は行わないでくださいね。

というのも、あまり泡立てずに洗顔石鹸を肌に乗せてしまうと毛穴の中の汚れを取り除けないどころか、かえって毛穴の汚れとなってしまうからです。

それでは洗顔の意味もありませんし、肌への負担を増やしてしまう結果となります。

便利グッズを活用しよう!

確かに洗顔石鹸は手で泡立てることは難しいです。

なので、100円ショップなどでも売られている洗顔ネットを使って泡立てましょう。これを使えば簡単にキメの細かい泡をたくさん作ることが出来ます。

なるべく濃く、キメの細かな生クリームの泡を意識して作るようにしてください。

SPONSORED LINK

キメの細かな泡でどのように洗顔したら良い?

キメの細かな泡を上記のような方法で作ったとしても、洗顔方法が間違っていてはいけません。

顔全体に泡を乗せたら、手のひらではなくその泡で洗うように優しく円を描きながら手を滑らせてください。

先程も言いましたように、絶対にゴシゴシと強く擦ってはいけません。

肌全体をこのように洗い終われば、ぬるま湯で洗い流してください。

このときにはしっかりとすすいできちんと洗い流すようにしましょう。

どんなに肌に良い成分だとしても、肌に残ってしまえば刺激物となり肌へ負担を与えてしまいます。

洗顔のすすぎは丁寧に行い、洗い残しの無いように心がけたいものですね。

以上が、洗顔石鹸を上手く泡立たせる際に気をつけたい注意点になります。

前回でご紹介した正しい洗い方と、この度ご紹介した泡立て方をしっかりと心がければ正しい洗顔方法を行えることでしょう。

今まで行ってきた洗顔が正しくないと今回で知った方は、これからの洗顔を正しいものへとシフトしましょうね。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?