知らないとあなたもヤバい!?がん治療の知識を深めよう

日本人の死因第1位である「がん」。2人に1人はがんが原因で亡くなっているのです。

がんにはまだ完全な治療方法というものが確立されていません。世界中の医療機関が研究をつづけ、がんの治療に効果がある方法というものがたくさん開発されています。

しかしながら、どれもが完全に治すことができるというものではなく、がんにかかってしまった場合は、長期でがんと向き合っていくことになります

がんの知識について

がんに関しての知識をつけることで発症を遅らせたり、治療の効果を最大限引き出すことに役立ちます。

最も死亡率の高い病気だからこそ、すべての人にとってがんというものは脅威となり得ます。自分が病気にかかってからでないとなかなか興味が持てないのが人の常ですから、このページを訪れた方はすでにがんを発症されている方もしくは家族ががんにかかってしまっているという場合が多いのが現状ではないでしょうか。

しかしながら、がんにまだかかっていない人にこそ、知識を深め、がんを予防するための策を講じてもらう必要があると考えています。

現在がんを発症していて治療中の患者さん以外にも、がんを予防するために知識をつけたいという方にも見てもらいたい内容です。

がんについての知識を得ることは重要です。

何故ならば、日本人の死因1位はがんだからです。

ご自身ががんになるケースも、ご家族やご友人ががんになってしまうケースもあるでしょう。

どのような場合にせよ、がんにまったく無関係の人生を送ることはほとんどありません。

しかし、このように重要ながんですが、知識がないことが多いのも事実です。

「がんの知識」ではそのような重要ながんの知識について解説します。

そもそもがんとは何か?

がんというのは誰しもが知っていますが、そもそもがんとは何か?ということはあまり知られていません。

将来に2人に1人はがんになると言われています。

このページではそもそもがんとは何か?ということについて解説いたします。

がんが発生する仕組み

がんはどこからやってくるのでしょうか?

がんはウイルスのように外から感染をするわけではなく、自らの体の中からがんは発生します。

そのがんが体内から生まれる原因は複数あります。具体的には、科学的因子、物理的因子、がん遺伝子などです。

以下のページでは、がん発生のメカニズムと原因について解説いたします。

がん予防や治療で重要な食事と栄養

がんの予防、治療には食事と栄養が非常に重要になります。一説によると、がんの原因の3分の1は食事によるものとされています

ですから、がん予防のためには適切な食事と栄養を摂ることが重要になります。

また、がんになった後も食事管理をしっかりすることで、免疫力を高めることができます。

免疫力が高まれば転移する確率を下げることができ、体力も維持できます。このページでは食事と栄養について解説いたします。

がん検診の重要性と種類

がんは早期発見が大切です。がん治療は毎年進歩しておりますが、残念ながら確実にがんを治す方法はまだありません

そのために大事なのはがん治療成功の可能性を少しでもあげることです。

治療成功の確率を上げるには早期発見が重要です。

早期発見すれば90%以上の確率で治るがんも、発見が遅れれば30%も治癒率はありません。

このページではがん検診の重要性と種類について解説いたします。

科学的根拠のあるがん予防法は?

がんを100%治す治療法は見つかっておりません。

ですから、まずがんにならないようにすることが大事なのです。

がんの予防法は様々あります。しかし、中には科学的な根拠が乏しいものも少なくありません。

このページでは国立センターのがん予防・研究センターが発表している科学的根拠のあるがん予防法を紹介しております。

がんの症状について

がんの症状は様々ですが、中でも、がんにかかってしまうことで精神的にダメージを受け、それによって引き起こされる症状というものがあります。

また、がんに羅患されている患者さんにとってはこれから治療に専念することとなるかと思いますが、自分の症状がどのようにして発症しているのかがわからない状態というのは辛いものがあります。

不安を解消することで少しでもがんへの恐怖を和らげるということは大切なことなのです

少しでも参考にしていただけたらと思い、まとめてみました。

がんになるとどのような症状が出るのかということを詳しく知っておくことで対策が可能になります。

がんというのは誰しもが知っている病気ですが、がんになるとどのような症状が出るのかはあまりご存じないかもしれません。

この「がんの症状」では、がんになったらどのような症状が出るのかを解説するページを用意しております。

がんによる痛み

がんに痛みはつきものです。初期症状で痛みが出ることはさほどないのですが、がんが末期になるにつれて全身の至るところで痛みという不調が出てきます。

これはがん自体が原因のこともあれば、がん治療が原因で痛みがでることもあります。

このページはがんの痛みについての記事です。

がんによる感情的な苦痛

がんになって苦痛を感じるのは体だけではありません。感情的な苦痛も伴います。

感情的な苦痛に伴い、抑うつ状態というものになる人も少なくありません

こちらでは、どのような感情的な苦痛があるのか? そして、その原因は何か?ということに関して解説いたします。

がんによる疲労

がんになると慢性疲労のように常に疲れた症状が出ることがあります。

その結果、気力がなくなり、適切な判断能力が失われます。

このページではがんによる疲労とは何か? そして、その原因は? ということを解説いたします。

がんによる睡眠障害

がん患者の多くは睡眠障害を経験します。

その症状は千差万別ですが、症状が重くなると薬物療法を用いる必要もでてきます。

睡眠は体力・気力を回復させ、免疫力を向上させる大事なことです。

このページでは、睡眠障害の症状、原因、対処法を解説します。

がんによる貧血

がんと貧血は密接な関係にあります。

初期症状で貧血を感じることもあれば、がんの末期症状でなることや、手術などの治療で貧血になることもあります。

このページではがんによる貧血について解説します。

がんと栄養不足

がんになると多くの場合で栄養不足になります。栄養を摂取することで人間は、体を作り、体を動かします。

栄養不足になると、体を動かす気力がなくなったり、免疫力が低下しがんが進行しやすくなります。

このページでは、がん患者の栄養不足について解説いたします。

抗がん剤と副作用

多くのがん治療では抗がん剤が使われています。

がん治療では重要な抗がん剤ですが、その抗がん剤が副作用を及ぼし苦痛を招くケースは多くあります。

副作用のせいで抗がん剤の服薬を辞めてしまう人もいるくらいです。

このページでは抗がん剤と副作用について解説いたします。

部位別 がんの症状・発症

がんは部位によって症状だけでなく治療方法も変わってきます

また、がんは遺伝する場合があります。家族に特定の部位のがん発症率が多い場合は、自分もそのがんにかかる可能性が高いので原因要素をできるだけなくすことに努め、症状に疑わしきものがあれば早急に検査を受けることをおすすめします。

体の部位別にどのようながんがあるのか、治療にはどのような方法が効果的なのかをみていきましょう。

がんは体のあらゆる場所に発生します。

肺、胃、脳、骨、血液、他にも多くのがんがあります。

それぞれできた部位によって、症状、原因、治療法などが違います。

風邪のような症状がでるがんもあれば、ぎりぎりまで症状がでないがんもあります。

たばこなどが原因でなるがんもあれば、塩分の多い食事のせいでなってしまうがんにあります。

私たちががんについてよく聞くのに、がんについての理解が進まないのはその多様性にあります。

一口にがんと言っても種類が多いので難しいということですね。

がんについて本当に理解を深めるには、それぞれの部位について理解していくのが一番です。

がんの部位一覧

胃がん

胃がんとは胃にできるがんです。初期症状では胃の痛みなどがでますが、ただの胃腸炎と勘違いされることも多いです。食生活に原因があるケースが多いです。

肺がん

肺がんは肺にできるがんで致死率も高いがんです

最近では中国からのPM2.5などによる大気汚染が原因で、肺がんが増えてくることが懸念もされています。

皮膚がん

皮膚がんは罹患率はそこまで低くないですが、致死率は低いがんです。

皮膚というのは自分で見ることのできる部位だからです。

食道がん

食道がんはがん全体のうち5%ほどしか占めていないがんですが、年間1万人は罹患しており、決して無視をできるがんではないでしょう。

比較的初期症状を感じやすい部類に入るがんなので注意をしていれば、早期発見可能です。

大腸がん

大腸がんは大腸にできるがんで、致死率の非常に高いがんです。

女性のがん死因の1位で男性は2位です。昔は少なかったのですが、近年になって増えてきました。これは食生活の変化が原因であると言われています。

前立腺がん

前立腺がんは男性にしかないがんの一つです。前立腺とは直腸のあたりにある精子を作るのに大事な役割を果たしているがんです。

高齢の男性がなりやすいですが、初期症状がほとんどないために見過ごされがちです。

咽頭がん

咽頭がんは喉にできるがんで生存率はがんの中では高い方です。

しかし、声帯に転移をしてしまうと声帯を摘出しなければならなくなるケースもあります。

ですので、生存できたとしても日常生活で不便を強いられることもあるがんなのです。

乳がん

乳がんは女性にしかならないがんです。

罹患率は高い方ですが、致死率はそこまで高くありません。

それは、乳がんになると胸にしこりができるため、セルフチェックが可能だからです。

このページでは乳がんのセルフチェックの方法なども紹介してますのでご参考にしてください。

胆道がん

胆道がんは胆道と呼ばれる胆汁の通り道にできるがんです。

胆汁は消化液の一つでこれがうまく機能しないと消化不良などの症状を引き起こしてしまいます。

すい臓がん

すい臓はすい液と呼ばれる消化液を作っている臓器です。

すい臓がんは罹患率は低いですが、生存率も低いです。数が少ない分治療の研究がすすまないためです。

子宮がん

子宮がんは女性にしかない子どもを産むための器官にできる病気です。子宮がんは子どもを産む器官に直接影響するので、出産を望む女性にとってはつらい現実に直面しないといけないのがつらいところでしょう。

卵巣がん

卵巣がんは卵巣にできるがんです。摘出をすれば子どもを産むことができなくなりますので女性にとっては恐ろしいがんです。

また、初期症状がわかりにくく、自覚した時には手遅れということも多いがんです。

肝臓がん

肝臓がんは沈黙の臓器とも呼ばれていて、がんになってもぎりぎりまで症状が表にでません。

その分、一度表に出たら症状が進行していて手遅れになっていることもあります。

膀胱がん

膀胱にできる癌で、血尿という目立つ初期症状があるために早期発見がしやすいがんです。

悪性リンパ腫

悪性リンパ種は白血病などと同じ血液のがんと呼ばれます。悪性リンパ腫になるとリンパ腺に腫れが見られるので自分でも分かることがあります。

白血病

白血病は血液のがんと呼ばれているがんです。急性白血病と慢性白血病があり、急性になった場合は早くて数日でなくなってしまう恐ろしいがんです。

多発性骨髄腫

骨髄にがん細胞ができる病気です。骨髄は全身にあるために全身で起こりうるがんです

脳腫瘍

脳に腫瘍ができるがんです。頭痛、失語、めまい、嘔吐、視覚障害、聴覚障害などの症状がでます。脳というのは多機能なのでその分症状の幅も広いのです。

甲状腺がん

喉から胸のあたりにある甲状腺せんにできるがんです。放射線の影響でなってしまうことが多いです。

治療法の種類

がんには様々な治療法があります。

しかしどの方法をとっても、100%がんを治せるものというのはないのが現状です。治療に際し、いくつかの治療法を組み合わせて行うということが多いため、現在行っている治療がどのような効果を持っているのかしっかり知っておく必要があります。

プラシーボ効果というものは科学的にも証明されており、治ると信じて治療に臨むのと、治るかどうかわからず治療の内容についても理解できないまま進めていくのでは圧倒的に前者の方ががん治療の効果が高いのです。

また、どういった治療法を選ぶかによって費用面、時間、治癒率において違いが出てきます
それぞれ紹介しているので見てみるといいでしょう。

がんの治療には様々なものがあります。そのため、がん治療についての知識は重要です。

がんになってしまうと様々な治療を受けることになるでしょう

しかし、医者がそれについて詳しく教えてくれるとは限りません。さらに100%治るという確信が持てる治療法というものが無いため、どういった治療法を選ぶかは医者が最も適していると判断したものを選び、患者は治療に専念することしかできないというのが多くの現状です。

がんというのはほかの病気と違い死亡率が最も高い病気のため、不安になる患者は多いのです。

「本当にこの治療法でがんは治療できるのか?」「なぜこの治療法は有効とされているのか?」「変な副作用はないのか?」という疑問を持つ人は後を絶ちません。その結果として、がん治療に対して懐疑的になって治療自体を拒否してしまうケースも少なくありません。

そういったことから、患者さんの強い希望によって治療法が決定する場合もあります。

それは患者さんのまわりにがんを経験し、「この治療法で治った」という人の実体験がある場合、藁にもすがる思いでその方法を強く希望するというものです。

しかし、手術療法などの西洋医学の療法を信じることができず、オカルトチックな療法を選択してしまい、治療できるはずだったがんも治療できなくなることがあります。

実際、手術をすれば簡単に治るはずだったがんなのに、詐欺まがいの療法をやっている業者に引っかかってしまい治療が遅れて死亡したという事件もありました。

そのような悲しい結末を避けるために、このページを通して、がん治療の知識を深め、適切にがんに対して対処をしていきましょう。

手術療法

手術療法とは基本的にはがんの患部を切除することで行われる療法です

がん自体を取り除けば、がんは治るということです。

しかし、これにも欠点があります。ひとつにはがんというのは転移するので全身に移ってしまったがんを切り取ることは不可能ということです。

また、手術は体力を使いますので高齢の患者には使用できません。

科学療法

化学療法とは抗がん剤を使った療法です。

抗がん剤治療ともいいますが、「がん」と名前のつく治療法は患者を不安にさせてしまう危険性があるので化学療法と呼びます。

この療法は手術では取りきれなかった全身のがんに対して効きます。しかし、副作用が非常に強いケースもあるので抗がん剤を避けたがる患者もいます。

放射線療法

放射線療法とは、放射線を当てることでがん細胞を殺す療法です。

放射線はがん細胞を殺す役割があります。この放射線はがんに局所的にあてることができるので効率的です。

外部から放射線を当てる方法と、内部から放射線物質を使って攻撃する療法があります。これにも副作用があるので注意は必要です。

免疫療法

免疫力を高めるための療法です。

体にはもともとがん細胞に対処するための力が備わっています。

それが免疫療法です。この療法では免疫力を高めることでがんに抵抗する力をつけます

免疫療法にも種類があり、食事療法やMK細胞療法などがあります。免疫力はもともと体に備わっているものなので、副作用が少ないことが利点です。

その他の療法

がんワクチン療法や温熱療法などがあります。

しかしこれらの療法は効果が立証されていなかったり、効果が弱かったりするので他の療法と組み合わせることを基本とします。

緩和ケア

緩和ケアとはがんに伴う苦痛を和らげるケアのことをいいます。

痛みの緩和、不安の緩和、経済的な苦痛の緩和など様々な苦痛に対して緩和を行います。緩和ケアチームを作って、総合的に患者の苦痛に対処します。

ページの先頭へ