この記事は約 1 9 秒で読めます。

がんと食事と栄養には密接な関係があります。一説によると、私たちが羅患するがんの内3分の1は栄養に関するものが原因であるとも言われています。

栄養のバランスが取れた食事を毎日取ることによって、私たちの免疫機能は強化され、がんを予防することができます。

さらに、がんになってしまった後も、適切な栄養を取りさえすれば治療に役立ちますし、がんによる悪影響を抑えることができます。

がん予防に効果のある食事と栄養は?

  • ビタミンA、カロテン
  • これらは皮膚や粘膜を健康な状態に保つ栄養素です。栄養を眼に与えることも分かっています。

    ビタミンAを摂取すると、体の中にそのまま吸収され働き、カロテンは、吸収されたあとにビタミンAと同じ働きをするようになります。

    ですから、おおまかにいうと、ロテンもビタミンAも同じ働きをするといっていいでしょう。

    これらの栄養素は、発ガン抑制作用を持っているのでがん予防に効果的です。

    バター、牛乳、チーズ、緑黄色野菜に多く含まれます。

  • ビタミンC
  • ビタミンCは血管・皮膚・粘膜・骨を強くする作用を持っています。また、免疫機能を持つ白血球を強化する働きも持っているのでがん予防には最適です。

    ビタミンCは熱弱く、水溶性で水に溶けやすい性質を持っています。調理をする際には、加熱を短時間に抑え、汁物でビタミンC食材を使う場合は汁も一緒に飲むようにすると効率よく吸収できます。

    ビタミンCを多く含むのは各種野菜くだもの、海苔、せん茶などがあります。

  • ビタミンE
  • 老化を進める過酸化脂質が多くなるのを防ぎます。また、ビタミンAやカロテンの働きを強める効能もあります。

    ビタミンEを多く含むのは穀物、緑黄色野菜、アーモンドなどです。動物性の食品にはあまり含まれていないのが特徴です。

SPONSORED LINK

がんになった時に大事な食事と栄養は?

  1. がん予防に効果的な各種ビタミン
  2. がん予防に効果的なビタミンはがんになった後も効力を発揮します。がん予防に効果的な食事は免疫力を強化します。

    がんになると、免疫力が低下しますので、ビタミンのような免疫力を強める食事をすれば体の機能が高まり自己治癒能力も向上するのです。

  3. たんぱく質
  4. たんぱく質は筋肉を作り、ビタミンの働きなども強めます。たんぱく質は体力の維持・回復に強いかかわりがあるのです。

    がん患者は運動量が減少して筋力が低下したり、手術で体力が減少したりします。ですので、たんぱく質を十分に取り、体力を維持・回復に努めることが重要です。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?