この記事は約 1 47 秒で読めます。

がんの最先端治療などが話題となる中、実はそのことと同じくらい、人々の注目を集めているのが「ターミナルケア」です。

しかし、ターミナルケアと聞くと「終末期医療」と思い込んでおられる方も多いですよね?

今回は、このターミナルケアとがん治療の最前線についてご紹介します。

そもそも「ターミナルケア」って何?

冒頭で、ターミナルケア=終末期医療とされている…と書きましたが、実は広辞苑にも、ターミナルケアとは次のように定義されています。

「ターミナルケア…回復の見込みのない疾患末期に、苦痛を軽減し、精神的な平安を与えるべく、施される医療・介護」

しかし、最近のターミナルケアとは、「緩和ケア」と言う大きな枠組みとして、近年でも研究が盛んになっており、そこに関わる医師や看護師、スタッフも様々な面でケアが洗練されてきました。

確かに、ターミナル期とは、余命約半年以内とされる患者さんに対して、「ほぼすべての手段を尽くしてなお、治療に至らず、患者の全人的な状況を鑑みても、これからの治療行為が不適切と思われる次期」とされてはいるのです。

ただ、今では、ターミナルケアは「緩和ケア」と言う形で、がんの治療において、初期段階から「痛みや苦痛を緩和する事」また「治療と人格、生活の質(QOL)を保持すること」を目的に行われることもあるのです。

この場合は、患者はターミナル期ではないので、ターミナルケアと言うより、緩和ケアと言う方がぴったりきます。

SPONSORED LINK

がんの治療初期に「緩和ケア」を受けることのメリット

これまでにご紹介したように、ターミナルケアではなく、緩和ケアとしてのケアは、がんの治療初期段階からも、受けることが可能であり、また受けた方が良いのではないか、と思われるケア方法です。

なぜ緩和ケアをがんの治療初期から受けた方がいいのかと言うと、がんの治療にはほとんどの場合において、下記のような「ことがら」が現れるからです。

  • 治療中に経験する苦痛(吐き気・嘔吐・痛み・倦怠感など)を伴う症状
  • 患者本人と家族にかかるがん治療の不安や心配事
  • がんだと診断されたことによる、社会的な状況の変化(仕事を休む・辞めるなど)に直面する

こうしたことを、緩和ケアを受けることで、がん治療の専門スタッフと一緒に考えることができます。

実はターミナルケアと緩和ケアでは、根っこの「患者のQOL」を上げるという部分は同じでも、その上部にあたる「幹」や「枝葉」については少し異なってくるのです。

ターミナルケアが、本来の意味ではやはり、死に向かう人に対しての「尊厳維持」を目的にしている面が強い一方で、緩和ケアは「がんによる苦痛や不安を患者本人と家族を含め、一緒に考え、不安を取り除いていこう」という面が強いということです。

要するに、緩和ケアには「この先のがん治療と、がんが治った際に進む道について、みんなで考えよう」という面が強いということなのですね。

生きるために、QOLを下げることなく、治療をしながらこの先を考えるのが緩和ケアなのです。

治療のしんどさで希望が見えにくくなる時、緩和ケアを受けているかどうかというのは、心の支えが大きく違ってくるものと思えます。

ちなみに、がんの治療初期段階から受ける緩和ケアでは、以下のような事柄を医師や看護師、専門スタッフと考えることができます。

  • 自分の病気を正確に知ることで、治療法に関して自分の意思を反映した選択をしやすくなる
  • がんの痛みなど、つらい症状を取り除くケアについて相談できる
  • 日常生活の質を落とさないように、自分の日常を維持することを相談できる

    これには、日常の食事や、自分の意思にそった排泄のケア、また睡眠のケアや衛生、環境のケアがあります。

  • 心のケア・家族へのケア・自宅で行う緩和ケアに関する相談

こうしたことを自覚し、相談し、実行できれば、がん治療がたとえ長期になっても、自分の尊厳を保ちながら治療を受けることが可能になるのです。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?