この記事は約 1 33 秒で読めます。

がんと言う恐ろしい病気は、その残酷さと反比例するかのように、何気なくある日突然目の前に現れます。
定期健診で精密検査をすすめられ、検査の結果が「がんの疑いがあります。」で、入院検査。

それまであちこち体に痛いところはあったけど、自分では充分元気で健康だったつもり。家族を含めた周囲の人も、病気の心配なんかしたことも無かったし。

がんの告知は突然に・・・

現在の先端医療では検査機器の進歩により、体にメスを入れなくてもある程度の診断が可能です。精密検査の結果はほとんど告知に近いもの「末期がんだと考えられます。余命は3か月から長くても半年。」でした。

今まで普通に続いていた日常生活は、ここで音を立てて断ち切れます。本人にとっては、まずは信じられない程タチの悪い冗談か、さもなければ一刻も早く目覚めさせてほしい悪夢。
しかし受け入れるしかない現実だと分かった時に、その先の進むべき道を決めなければなりません。これも極めて残酷な選択です。

末期がんの告知は、本人も含めて行われる場合と、家族にのみ打ち明けられる場合とがあります。この段階ではその中に、がんについての詳しい知識を持っている人などいません。
だから末期がんと聞いても、頭の中のどこかには治療の可能性に対する期待感が残っています。

SPONSORED LINK

せばめられる選択肢

現代医療の進化は早く、がんの治療法も日々進歩しています。手術以外にも薬物治療、放射線治療、遺伝子治療など、中には転移した進行がんにも効果がある治療法だってあります。
その内のどれかを試してみれば、今の医学なら何とかなるかもしれない、まだここで絶望するのは早過ぎます。

最も一般的な治療法は今でも手術です。がんの切除の可能性も含めて、一度患部を開いて治療を試みるケースが多いようですが、末期がんの場合周辺組織にがんが転移して、腹膜播種の状態になったり、リンパ節を通じて全く別の部位に転移している事も多いのです。
その時は患部を開いたまま何もできない、いわゆる手遅れである事を宣告されるしかありません。

その瞬間から本人と家族は、残された時間との闘いになります。手術以外の方法で治療を続けるか、療養施設か自宅でやがて訪れる死を待つか、どちらかしかありません。

もはや迷うべき時間さえ残されず、事実を速やかに受け入れるしかないのです。末期がんの告知から最期の時までは、生活の時間と空間が強い力に引っ張られるように、加速しながら過ぎ去って行きます。

いかにして最期の時を迎えるか

本人は自身の死後についても考え、身辺を整理しなければなりません。家族は本人の意思にかかわらず、あらゆる可能性を探すでしょう。そして時間は残酷なまでに早く進みます。

残された時間の使い方は、家族がいっしょにできるだけ長く過ごす事です。がんという病気は、本人だけではなく家族全員で向き合うもの。やがて最期の瞬間を迎える時は、それまで急速に流れていた時間が、嘘のようにゆっくりになって、そして停止します。

終わりに知人の体験から紹介しておきます。末期がんを告知されたその本人は、抗がん剤を含めた全ての治療を断りました。唯一痛み止めの緩和ケアだけを残して。

家族は毎日病院に見舞いに行きました。一度は自宅療養に帰りましたが、何も食べられなくなると再び病院に戻り、最後は家族の事も分からなくなって、そのまま息を引き取りました。

「何かひとの為になる事をやっていきたい。」限られた時間の中で、本人が家族に残した最期の言葉です。
がんとは、本当に残酷な病気です。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?