この記事は約 1 18 秒で読めます。

胃がんが発生する原因は何にあるのか、それを考える前にまずがん発生のメカニズムを知っておきましょう。
がん細胞も元々は正常な細胞ですが、ある時点で遺伝子プログラムに変異が生じると、死なずに増殖を繰り返すがん細胞になってしまうのです。

胃の内部が炎症を起こしたり、発がん物質の影響を受けたりして通常細胞の遺伝子が傷つくと、変異した細胞になる場合があり、これががん細胞として増殖して胃がんになると考えられています。

胃がんの原因はいろいろ

これで必ず胃がんになる、という直接的な原因はまだ分かっていません。大まかに見ると遺伝的要因、生活習慣、ストレス、特定の細菌の影響などいくつかの要因が重なって胃がんになると考えられます。

遺伝的要因とは、胃がんを患った家族や親族がいる人は、胃がんのリスクが高いと言われている事から導き出された1つの原因です。

生活習慣としては、まず食生活が挙げられます。発がん性物質を含む食品添加物の過剰摂取や、がんを抑制する力を持つ野菜や果物の不足も身体に悪影響を与えます。
胃の粘膜を荒らすような食品の多用は特に良くないようで、慢性的な胃の炎症を引き起こし、それが胃がんに発展する事もあります。

またストレスや日本人に多いピロリ菌も胃に大きな負担をかけるため、胃炎から胃がんへと進んでしまう原因の1つに考えられています。

胃がんの手術治療

胃がんも進行度合によって1~4のステージ(病期分類)に分けられます。初期の段階で発見できれば、手術によってほぼ完治するがんになりつつあります。

最も初期の小さながんであれば、手術せずに内視鏡で切除する事もできます。
早期の場合なら縮小手術で、なるべく健康な胃の部分を残す手術方法が選ばれるケ-スもありますが、通常は転移の可能性を考慮して胃の3分の2以上を切除、同時に周辺のリンパ節も切除する場合が多いようです。

抗がん剤治療

点滴や注射、内服薬による化学的な治療法です。単独ではなく複数の抗がん剤を組み合わせて使用する事も多く、手術後の転移を防ぐ目的で使われる事もあります。

がん細胞の増殖を抑えたり、使い方によってはがんを縮小させたりできます。しかし効果は人によって違っていて、副作用が必ず問題になります
手術治療の補助として使う場合には、比較的成分の弱い抗がん剤を選んで、副作用を抑える方法が採られます。

その他の治療法

他のがんに使われる放射線治療は、胃がんの治療には適していません。胃がんには大量の放射線を照射しなければならず、胃の周囲には肝臓や腎臓などの放射線に弱い臓器があるからです。

ただ近年は放射線治療もよりピンポイントに、効果的に行われる方法が進化してきました。
また遺伝子治療と呼ばれる新分野も登場しています。これはがん細胞内の異常な遺伝子を正常に戻して、がん細胞を自滅させる治療法です。
胃がんは早期に発見すれば治る病気です。健康に自信があっても、定期的な検査を受ける事をおすすめします。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?