この記事は約 1 18 秒で読めます。

私たちの生命活動に必要な酸素を摂り入れ、不要になった二酸化炭素を放出するのが肺の役目です。肺の疾患についてふれる前に、肺のしくみについて簡単に説明しておきます。

鼻や口から入った空気は気道を通り、気管から気管支を経て肺胞に入ります。この肺胞が酸素と二酸化炭素のガス交換を行っています。
肺胞の周りには肺動脈と肺静脈から枝分かれした毛細血管が、網の目のように張り巡らされています。肺の仕事は摂り込んだ酸素を体内に送り出し、体内から回収した二酸化炭素を体の外に排出する事です。

肺気腫はどんな病気?

現在肺気腫は、慢性気管支炎とともに「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」とひとくくりに呼ばれています。
肺気腫の初期症状は、風邪のように咳や痰が続いたり、階段の上り下りなどですぐに息切れするといった、通常ではあまり気にならないケースが多く、つい見過ごして発見が遅れる場合があります。

肺気腫が進行すると息切れがひどくなり、日常生活にも支障を来すようになります。また糖尿病や血管疾患などを併発しやすくなり、遂には寝たきりとなり、呼吸不全や心不全を起こして命に関わる事もあります。
この時肺の中では何が起こっているのでしょうか。

肺気腫の初期には、ガス交換の役目を果たす肺胞どうしの境界が合体して、大きな肺胞になります。これを気腫性嚢胞(きしゅせいのうほう)と呼びます。
更に合体を繰り返すと、直径数ミリにも及ぶ大きな嚢胞も現れます。
この状態になると肺の中にたくさんの空洞があるのと同じ事で、気腫性嚢胞は膨らんだままで呼吸の役には立たなくなります。これでは呼吸の効率はどんどん悪くなり、息切れがひどくなるのです。

SPONSORED LINK

肺気腫の原因は喫煙?

肺気腫は「タバコ病」とも呼ばれます。つまり原因のほとんどは喫煙によるものなのです。喫煙の開始年齢が早いほど、1日の喫煙本数が多いほど、また男性よりも女性がなりやすい病気です。
他にも肺がんと同じく受動喫煙や、粉塵・汚染物質なども原因と考えられます。

肺気腫の検査と治療

スパイロメーターという肺活量計を使って、肺の機能を調べる事で早期発見につながる事があります。この検査で呼吸機能の低下が認められた場合、肺気腫である可能性が疑われるのです。
更にX線検査やCT検査から病状を特定します。進行した肺気腫は、これらの検査ではっきりと確認できます。

現在肺気腫を根治する治療法は、まだ確立されていません。手術による治療には「肺容量減少手術」や「生体肺移植」があります。
他には気管支を拡張したり、咳や息切れを緩和する薬を使った薬物治療、酸素ボンベによる酸素療法、運動を採り入れたリハビリ療法などがあります。

肺気腫にならないためには、喫煙者はまず喫煙をやめる事です。
どんな肺の病気でもそうですが、喫煙の習慣は身体にいい事が一つもありません。肺気腫になった肺は、二度と元には戻りません。それでも喫煙を続ける事ができますか?

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?