この記事は約 1 20 秒で読めます。

日常的なストレス値を上げる首こりや肩こり。こうした不快な症状が自分自身で解消できるなら、少しの隙間をぬっても実践してみたいですよね。

今回は首こりを解消できる、ちょっとした時間で行えるストレッチを2つご紹介します。

血流改善が首こり解消のコツ

まず、首こりを解消したいと思っている時、いきなり何の準備もなくストレッチなどをするのは危険です。

どんな些細な運動でも、準備体操というのは「筋肉を程よく温めるため」に必要なのです。もし冷えた部屋や身体でいきなりストレッチを始めると、筋肉の筋を傷めてしまうことにもなりかねません。

そうなると首こり解消どころの話ではないので、ストレッチ前には必ずゆっくりと筋肉を温める準備をしましょう。

ちなみに、首が温まっているということでは、これから挙げるストレッチや体操も、入浴後に行うのが最適だと思われます。

首を前後にストレッチ

用意するものは「背もたれつきの椅子」です。背もたれに寄りかからない程度に深く腰掛けてください。

姿勢をまっすぐに腰をかけたら、口から息を吐きながら、ゆっくりと頭を前に倒します。この時、目安として6秒かけて倒すと良いでしょう。

次に息を吸いながら頭を元の位置に戻します。これも6秒くらいかけてやるのが理想です。

この動きが1度終了したら、椅子に腰を掛けたまま、普通の姿勢で数回深呼吸をします。

その後、今度は頭を後ろに倒していきます。これも6秒ほどかけるとゆっくりできます。もちろんこの時の呼吸は口から息を吐きながら、です。

そして後ろまで倒したら、息を吸いながら6秒ほどかけて頭を元の位置に戻します。

頭を元に戻したら、普通の姿勢で数回深呼吸をして、息を整えます。

この頭を前後に倒すことを1クールとして、3~5クールほど繰り返すと、首の血流が随分と良くなり、首のこりが軽くなったことを感じられるはずです。

首をぐるぐるストレッチ

用意するものは特にありませんが、背もたれのある椅子に腰をかける場合は、首を回す際に頭が当たらないことを確認してくださいね。

このストレッチは床面に座ってもできるので、寝る前などに試すのに便利かもしれません。

椅子に腰を掛けている場合は、深く腰を掛けて、床に座っている場合はきれいな胡坐をかいて、どちらの場合も背筋を伸ばして座ってください。

姿勢を正して座れたら、一度肩を上げ下げしてストンと肩の力を抜きましょう。

ここまで準備が整ったら、まずゆっくりあごを胸に引き寄せるようにしてください。イメージとしては首の裏側を頭の重みで伸ばす感じです。

このストレッチはここからずっと鼻呼吸で続けていきます。前に倒した頭をゆっくり、そして頭で大きな円を描くつもりで大きく回していきます。

具体的にはあごで鎖骨をなぞる感じで回していけると、大きな円が描けるはずです。出来るだけ力を入れずに大きな動作を心がけるのがコツです。

1回転したら、次は反対回しに回します。右から回すか左から回すかにルールはありません。どちらから始めても効果は変わりませんからね。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活のお悩みを解決する情報や役立つ情報を配信しています。