この記事は約 1 26 秒で読めます。

トマトダイエットは基本的に「夜」実践するのが効果が高い方法と言われています。

もちろん朝や昼にトマトを食べることも、食べないよりはずっと良いのですが、できれば夜、しっかりとした睡眠時間の確保と共に実践すると効果が高く得られるのだとか。

このように、トマトダイエットを成功させるにも、「食べる時間」や「量」、「食べ方」などに気を付ける事で、効果はもっと高くなることもあるのです。

ここではトマトの効果をより引き出せる方法についてご紹介します!

トマトダイエット実践のコツ

ダイエットを実践する期間

人間の身体を支える約60兆もの細胞は、大体60日をかけてサイクルをすると言われています。

そしてそれらの細胞をうまくサイクルさせるためには、何より「睡眠」が大切というのは、最近ではよく知られるところとなりました。

ただ、真の意味で細胞の代謝サイクルを改善させるには最低3か月、欲を言えば6か月が必要と言われているのです。

ですので、トマトダイエットでも他のダイエットでもそうなのですが、実は最低でも3か月は継続して実践しなければ、本当の意味での効果を感じることは難しいのです。

逆を言えば、最低3か月でもトマトダイエットを続けていれば、ただの表面的な効果だけでなく、体の内側から本当に美しくなることが可能だということです。

トマトをいつ食べるのが良い?

ベースとしてはトマトは夜に食べるのが「トマトダイエット」としてのトマトの食べ方では理想と言われています。

それは、トマトの栄養価(リコピンやビタミンAなど)が、人間の睡眠時にしっかりと利用できるから、という理由です。

昼間や朝にトマトを食べても良いのですが、ダイエットを考えてトマトを摂取するなら、夜にトマトを食べて、脂肪燃焼や抗酸化作用を身体にもたらすというのが大切です。

SPONSORED LINK

一体どのくらい、どんな風に食べるのが良いの?

リコピンの量で考えれば、ダイエットを考えているなら理想は1日15mgを摂取することです。

これは普通の大きさのトマトで2~3個、ミニトマトなら16個程度が目安となります。

しかしいつでも生のトマトが食べられるとは限りません。

そんな時は迷わず「トマトジュース」を選ぶのも大切。

最初に凝ったトマト料理を作ることにこだわって、短期間で息切れをしてしまうなら、トマトジュースやサプリを利用して、しっかり「長期戦」に持ちこたえることが大事なのです。

また、このようにジュースやサプリに頼ることも「続ける」ためには大切なことですが、もし「トマトを食べる事」にこだわりたいのであれば、焼きトマトなどの簡単なトマト料理を覚えることもちょっとした秘訣でしょう。

そして、これは知っておくのと知らないのでは効果に差が出るポイントなのですが、トマトのリコピンは過熱した方が溶けだしやすくなり、加えてオイルなどと食べた方が身体に吸収されやすくなります。

つまり、オリーブオイルなどでトマトを料理したものを食べると、何もしてない生のトマトを食べるよりずっと効果的ということ。

せっかく長期で続けるなら、効果の高い摂取方法で実践していきたいですよね!

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?