この記事は約 1 36 秒で読めます。

アトピー性皮膚炎とステロイド治療に関しては、昔からその是非が議論の的になっていますよね。

確かにステロイドには「怖い」面と言うのがあるとは思いますが、全てがすべて×とは言えないのではないでしょうか。
もし本当に使うこと自体が危険な薬であるのであれば、皮膚科医がステロイドを処方することはないでしょう。

ただ、どんな薬にも「合う・合わない」はありますし、何より使い方というものがあります。

今回はアトピー性皮膚炎で疑問を持たれやすいステロイド治療についてご紹介していきます。

目指すのは「脱ステロイド」ではなく「アトピーを改善させる」こと

アトピー性皮膚炎を罹患している人が集める方法にはネット上の民間療法などによくある「脱ステロイド」が多いと思います。

しかし、気を付けたいのは、アトピー性皮膚炎の人が目指したいのは「脱ステロイド」ではなくて、アトピー性皮膚炎を改善させることなのです。

ですので、一時的にひどく炎症を起こしている部分に「適切に」ステロイドを塗ることは、決して治療として間違った方法ではないのです。

傷口に一時的に消毒薬を塗ることをするのと同じように、「その時」に「適切」な治療というのはあるのです。

全部が全部、ステロイドを悪者にする必要はありません。

結局、脱ステロイドによりアトピー性皮膚炎が治るというのではなく、身体が治癒していくからステロイドを始めとする薬が必要なくなる、というのが理想なわけです。

SPONSORED LINK

アトピー性皮膚炎に対するステロイドは「短期決戦」で

アトピー性皮膚炎を始め、自己免疫系の病気の人は内服や注射でステロイドを体内に入れる人もいます。

そうすると、確かにステロイドによる「副作用」というのは強くでることがありますし、リバウンドも大きく出る事はあります。

ですので、そうしたを治療受けている人は、副作用などに気を付ける必要があります。

しかし、いくら長年続けていたからといっても、外用薬としてステロイドを使用していた人にはそこまで深刻な副作用が出ることは珍しいのです。

「え?でも私はステロイドのせいで皮膚が委縮してとてもひどい状態だけど?」と言う人もいるかもしれません。

でもそれは、ステロイドの副作用というよりは、痒みによって肌を傷つけてしまっていたこととか、その他の刺激(ボディソープやシャンプーなど)によることも多いのです。

ステロイドは、適切に、適所に塗る分においてはとても有効な治療薬です。

その適所とは、今まさに炎症が起きている箇所のことです。

予防などのために炎症が起きていない部分にもステロイドを使用する必要は全くありませんので、そこは間違えてはいけません。

ステロイドは症状が出ている箇所に、しっかりと塗って、まずはその「炎症」を抑えるために使用することが大切なのです。

先が見えないから不安になる

皮膚科医の中には、確かにズルズルとステロイド治療を続けさせる医者もいます。

しかし、本当に良心的な医師であれば、ステロイドは炎症部分に塗る時にだけ使うということを理解している医者も多くいますし、良くなればワセリンなどのステロイドを含まない保湿薬だけで治療を進めるようになる医師も多くいます。

どんな症状でも、ステロイドを処方する、しかも説明もあまりないので患者は治療に対する「先」が見えず、遂には独断で民間治療や怪しい民間薬に手を出してますます悪化させてしまうケースは多々あります。

けれども、炎症をまずステロイドで抑えて、掻くことをしないようにしていけば(食事などに気を付ける必要はありますが)必ず皮膚の症状は改善していき、ステロイドから自然に卒業することができるでしょう。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?