この記事は約 3 37 秒で読めます。

食べる食材でバストアップすると聞いたことありますよね?

小さいころから胸が大きい子は食べてきたものが違うのかな?とか思ったことないですか?

実際に私の友達には小学生のころからすでに胸がふくらんできて中学生・高校生になることにはFカップになっている子がいました。

その子の母親は似ても似つかないほど胸がなかったのです。

私は疑問が浮かぶばかりでした。

あの母親からあの娘ってどんな遺伝の仕方したらそうなるの?という感じでまったく意味がわからなかったです。

それから年月が経ち、私も高校生を過ぎたころから、バストアップしたいと思い様々なことを調べてきました。

すると、食材もバストアップに関係してくるということがわかり、バストアップに効果的に働く食材を見つけました。

バストアップに効果的に働く食材

大豆の加工品

大豆は私たちの生活の中で多く存在します。一般的に大豆そのものといえば、節分のときに鬼に投げられる豆です。

味噌や醤油といった調味料も大豆からできています。豆腐・おから・湯葉・枝豆・納豆・きな粉などです。

大豆には大豆イソフラボンという成分が入っており、この大豆イソフラボンがバストアップに欠かせない女性ホルモンのエストロゲンととっても似た成分がありエストロゲンと近い働きをしてくれます。

大豆そのもでなくても加工してある食材は口にすることが多いでしょう。

ちなみに大豆の食材の中で一番効率よく身体に摂取できるのは「味噌」だと言われています。

なのでお味噌汁なとを食べると良いでしょう!!

しかし、ここで注意しなければいけないのは大豆イソフラボンの摂取しすぎです!!

イソフラボンを摂取しすぎるとエストロゲンを摂取しているのとほぼ同じことです。

エストロゲンを過剰に摂取すると頭痛・疲労・イライラ・不妊・流産をおこす可能性があると一般的に言われています。

ホルモンのバランスを崩してしまうので過剰に摂取するのは気をつけた方が良いでしょう。

たんぱく質の多い食材

たんぱく質は3大栄養素のひとつとして知られていますよね。

肉類・チーズなどの乳製品・小麦粉・白米・いも類など、たんぱく質はたくさんの食材にふくまれています。

バストアップとたんぱく質の関係ですが、たんぱく質にはホルモンの分泌を促すという効果があり、ホルモンが大事なバストアップにも必要ということがいわれています。

私の聞いた話ですが、家ででてくる料理の肉系がほぼ鶏肉という家族がいて、そこの家庭で育った子供たちはみんな胸が大きいのです。

これを聞いてからこのたんぱく質が良いときくとますます関係性があるのでは?と私の中では思ってしまいます。

私の家庭も鶏肉ばっかだしてくれればよかったのに…とか思っちゃいますよね・・・笑

ボロンが含まれるもの

ボロンって知ってますか?ボロンとはホウ素という物質です。

ボロンとバストアップの関係性はというと女性ホルモンの中のエストロゲンの働きを高めてくれるという効果があります。

ボロンは代表的な食材ではキャベツに入っています。

他にもはちみつ・ひじき・わかめ・りんご・もも・ぶどう・レーズンなどの食材に含まれています。

ボロンは熱に弱いため熱を加えてある食材だと効果を発揮しません!!

ボロンの入った食材を摂取したいときはかならず生で食べることを忘れないでください。

よくバストアップと言われて出てくる栄養素・食材は上記の3つになります。

他にもバストアップはいろんなところからのアプローチができるので、一つの食材だけではなくたくさんの食材をうまく組み合わせて食べることをおすすめします。

あくまでバストアップすることをサポートするという形になりますので、これだけ食べればOKというわけではありません。

むしろ過剰摂取だけには本当に気をつけていただきたいです!!

過剰に摂取しすぎるとさまざまなリスクも伴うということもぜひ覚えておいていただきたいと思います。

バストアップに効果的なパーフェクトな食材は存在しないの?

この食材を食べたら急激にバストアップした!!なんて都合のよい話はありません。

何事も毎日コツコツが大事なわけですよ。

上記でも細かくお伝えしましたが、バストアップに効果的な食材は存在します。

しかし、その食材だけを食べていればいいというわけではなく、他にも様々な努力が必要というわけです。

もちろん食材のもっている性質がバストアップのサポートをしてくれるということはあります。

性質が似ていたり、バストアップに必要なホルモンの働きを促してくれたりとたくさんの効果は発揮してくれていいます。

食材を食べたとしても急激な変化は求められないかもしれませんが、何事も蓄積が大事!!

種を植えて成長させていくということがもっとも重要なことです。

もう一度食材のおさらいをしておきましょう!!

  • 大豆
  • 大豆に含まれるイソフラボンがバストアップに必要なエストロゲンとほぼ同じ性質ももっていることから、バストアップにもっとも効果的な食材だと言われています。

    食材→大豆・納豆・豆腐・おから・枝豆・湯葉・きな粉・味噌・醤油

    その中でももっとも効果的なのは、【味噌】お味噌汁で食べるのが良い。

  • たんぱく質
  • ホルモンの分泌を促す性質があるということから女性ホルモンに働きかけ、バストアップのサポートをする

    食材→肉類・チーズなどの乳製品・小麦粉・白米・いも類

    たんぱく質に関しては植物性と動物性の2種類ありますが、どちらも満遍なく摂取するというのが大事です。

    たんぱく質に関しては直接的ではないので過剰に摂取することだけは気をつけてください。

  • ボロン
  • ボロン=ホウ素。ボロンは女性ホルモンの中のエストロゲンの働きを高めてくれるという効果があります。

    食材→キャベツ・はちみつ・ひじき・わかめ・りんご・もも・ぶどう・レーズン

    代表的なのは【キャベツ】ですが、ボロンは熱に弱く熱処理をしてしまうと効果がなくなってしまうので必ず生で食べること!!これを徹底してください。

何度もお伝えしてますが、

まず食材だけ食べていればバストアップするというわけではありません。

あくまで食材によりバストアップをサポートしてくれているということ。

むやみやたらに過剰に摂取しない!!

もし満遍なく摂取したいのであればサプリメントなどで全ての成分がバランスよく配合されているものを探すのも一つの手でしょう!!

最近ではサプリメントの需要も上がり、たくさんのメーカーさんが研究に研究を重ね作られているものが多いです。なので自分にあったサプリメントを探してみましょう。

ダイエットしたいけどバストアップはしたいという人に効果的な食材

ダイエットとバストアップは女性にとって2大悩みですよね!!

だいだい胸は脂肪でできているわけですから、ダイエットとともに胸からサイズダウンしてしまうというこはよくあることです!!

サイズダウンしてほしいのはそこじゃないんだけど・・・なんて思うことありますよね!

スレンダーの体に胸が強調された体に一度はなっていみたいと思いませんか!?

理想は自分次第で現実になるんです!!

とはいえ何からしていいのやら、といった感じですよね・・・

まず絶対にしてはいけないのは、ご飯を食べないこと!!

ご飯には確かにバランスよく食べないとダイエットにはなりません。

健康的に痩せるというのが理想なので、まずバランスの良い食事を心がけます。

その上で先ほどからお伝えしているバストアップのサポートをしてくれる食材も織り交ぜて食事をとりましょう。

幸い、バストアップに効果的な食材たちは肉・魚・野菜・果物・大豆とかなりバランスのとれたものたちばかりです。

私的には最初にあげた3つのバストアップをサポートしてくれる食材たちをつかってバランスよく食事をすることがダイエットしつつバストアップするというこを可能にしてくれるのではないかと考えます。

無理なダイエットは本当にバストダウンにつながりかねないのでお気をつけください!!

とにかく一番お伝えしたいのは、バランスよくということがとても需要になります。何事もバランスよく!

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活のお悩みを解決する情報や役立つ情報を配信しています。