この記事は約 1 16 秒で読めます。

個人的に家庭教師をお願いするだけなら、気軽に大まかな事を約束するだけでいいのでしょうか?
週に1回、1日2時間くらいだったら、大げさに契約なんて話を持ち出さずに、お互い口約束だけで充分じゃないか?

ダメです、これは大きな間違いです。家庭と家庭教師との関係では、トラブルに発展する要素がたくさんあります。それを防ぐのがきちんとした契約であり、その基本になるのが正しい契約書の作成です。

契約書作成に必要な条件とは?

契約書の内容で必要な条件をピックアップしてみましょう。

  • 契約期間について(指導を始める時期~1年間、または2年間)
  • 指導回数について(1週間の指導回数、1か月間の最大指導回数など)
  • 指導内容について(指導科目など)
  • 指導報酬の支払いについて
  • 指導のキャンセルや遅刻時の対応について
  • スケジュール管理(変更時などのきまり)
  • セクシャルハラスメントの禁止条項
  • 個人情報の保護について
  • その他の細則と罰則規定

それぞれの内容については簡単でもいいので、最低でもここに挙げた条件については、きちんと契約書を交わしておきましょう。

契約書はどんな内容にするべきか?

契約期間は指導開始の日から1年間程度で区切っておき、期限毎に契約を更新する条件にしましょう。
指導回数は、一般的には週に1回か2回です。週に1回だとしても、月によっては4回の場合と5回の場合とがあります。月毎の指導回数に基準を設けておく事をおすすめします。

指導科目は全教科を依頼するよりも、重点科目を決めてお願いした方がいいでしょう。週に1回や2回でいくつもの科目を教える事は実際には不可能に近く、逆に効果も出ません。
通常は多くても3教科にして、テスト前に総合的に指導してもらう条件をおすすめします。

教師のモチベーションにもかかわる問題なので、報酬に関しては明確な規定を設けておきましょう。時給計算か日給計算か、指導を延長した場合の報酬や交通費の額についても、お互いに同意できる内容で決めておきましょう。

また全体的なスケジュール管理として、家庭側からの指導日変更や追加への対応、教師側からのスケジュール変更依頼への対応なども決めておきましょう。

現代社会で認識が広がった禁止条項についても、明確に記載しておく事をおすすめします。いわゆるセクハラと個人情報の漏えいは、起り得ない問題ではないので契約にも明記しておきましょう。

最後に細かい規定があれば追記しておき、契約条件に違反があった場合の契約解除についても、ここでしっかりと規定しておきましょう。契約違反があった時にどうするか、実はそれこそが契約の本質だからです。

個人的な依頼ではあっても、家庭と家庭教師とは契約関係になります。教師に遠慮したりせず、上記の内容を参考にした契約書を作成して、きちんと契約を締結してください。
それがお互いの安心につながり、いい仕事といい結果につながるのです。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?