この記事は約 1 29 秒で読めます。

水飲み健康法なるものが一時的に流行ったこともあり、現代人の思考の中には「水を飲むことは健康に良い!」と刷り込まれている部分ってある気がしませんか?

しかし、実は水も、摂り方を間違えると「水毒」などと言われるように、身体にとって良い事にはならない時もあるのです。

アトピー性皮膚炎を持つ人は、身体の中の毒素を排出しやすくするために、水を多く飲んでいる人も多くいますが、それは本当に身体に良い飲み方ですか?少しチェックをしてみましょう!

水分は「摂れば」良いわけではない

人間の身体には1日に○リットルの水分が必要!と言うふれこみに、「私は全然水分を摂ってなかった!」と焦ってたくさん水を飲む生活を始めた人もいるでしょうし、アトピー性皮膚炎は体内の毒素が排出できていないから…と水をたくさん飲むようになった人もいると思います。

しかし、実はアトピーにしろ他のアレルギーにしろ、その「水分の摂り過ぎ」がアレルギー体質を悪化させているかもしれないのです。

というのも、一般的に人間には一日に○リットルの水分が必要と色々言われても、個人差というものがあるからです。ある人には1日に2リットル必要でも、ある人には1リットルで良いかもしれない。

それは個人個人の「内臓」の処理能力に違いがあるからです。

いくら水と言っても、摂り過ぎは腎臓など体内における「濾過」機能の臓器に負担をかけてしまいます。

水分を摂るようになったことで、身体がむくむようになった人は、そのろ過機能以上の水分を摂ってしまっているということ。

また、水を水のまま飲むことも、身体には悪いという説があり、ほんの少しでも塩を入れることが身体の負担を和らげるという説もあります。

SPONSORED LINK

アトピー性皮膚炎に良い飲み物ってあるの?

水だけを飲むことは、ある意味身体への負担を増やすこともあるので、できれば水だけで飲むのではなく、身体に優しい「お茶」と言う形で水分を摂取することも良いかと思います。

次に挙げるようなお茶は、アトピー性皮膚炎の改善にも効果があると言われているので、試してみるのも一案ではないでしょうか。

ルイボスティー

南アフリカの先住民の間で古来から日常的に飲まれていたお茶です。

アトピー性皮膚炎改善に有名なお茶であり、妊娠中や授乳中にも安心して飲めるノンカフェインティーとしても有名です。

アトピー性皮膚炎改善に必要と言われる、活性酸素を抑制する「SOD酵素」が含まれているため、肌の質が向上することが期待できます。

ノンカフェインなので、もちろん子どもさんにも安心して飲ませることができます。

ジュアールティー

ルイボスティーと同じく、アフリカに生息する野草がもとになっているお茶です。

効果もルイボスティーに似ていて、抗酸化作用が強く、老化防止効果もあります。ポリフェノール量で言うと、ルイボスティーの数十倍と言われているので、この点はルイボスティーより優れています。

シジュウム茶

あまり聞きなれないお茶ですが、アトピー性皮膚炎を悪化させる要因の1つ「ヒスタミン」を抑制する効果のあるお茶で、他にもアトピー性皮膚炎を引き起こす原因物質と言われている「ロイコトリエン」を抑制する効果があると言われています。

なんとヒスタミン抑制効果については、アロエの100倍と言われる効果があるそうですよ。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?