この記事は約 1 10 秒で読めます。

現在はまだダウン症そのものの治療法はありません。しかし、以前はかなり短かったダウン症の人の寿命は、医療の進歩によって近年大幅に伸びました。
それでもダウン症には一緒に考えなければならない、多くの問題が内包されているようです。

ダウン症に特有の合併症

ダウン症には合併症の危険があります。中でも特に多いのが心臓疾患で、全体の40%程度は何らかの異常を心臓に持ち、その中の数%は手術が必要なレベルにあるそうです。

他にも食道や十二指腸などの消化器官の異常、眼球内の屈折異常による近視・遠視・乱視、耳鼻科系の疾患などが先天的に見られる場合があります。
もちろんこれらの疾患が必ず現れるわけではなく、全く合併症の無い健康体の人もいます。

ダウン症で生まれて来ると、成長する間にいくつか注意しなければならない問題があります。
まず共通する身体的な特徴として、全身の筋肉の緊張度が弱いという事と、関節の自由度が大きいという事から、一般と同じ運動を行う場合には危険性を考慮する必要があります。

また心臓疾患がある場合は、激しい運動を強いてはいけません。ただし運動に対して距離を置いてしまうと、別な問題も引き起こしてしまいます。それは肥満の問題です。

SPONSORED LINK

肥満も重要な問題の一つ

ダウン症の人には、一般よりも強い肥満傾向が見られます。重度の身体的疾患がある場合は、どうしても体を動かす事が少なくなり、運動不足になりがちです。

小さい内から肥満傾向が見え始め、余計に体を動かさなくなり、増加した体重で関節に負担がかかって歩行障害になるケースもあります。
そのままでは成人病も招いてしまいます。合併症の一症状として糖尿病が挙げられるのはこのためです。

運動不足が肥満を生み、同時に筋力の低下も起こり、更に運動能力が落ちて行くという悪循環に陥って、健康を損なう危険性も指摘されています。

ダウン症の人は体液循環が悪いという研究結果もあります。特にリンパ液の循環が悪く、血液と脳脊髄液の循環も良くないようです。体液循環の悪さで全身の代謝も低下して、これも筋力の低下や肥満の原因になります。
ダウン症の人の成長に遅れが見られるのは、体液循環の悪さが原因という考えもあります。

ここまで見て来た様々な問題は、ダウン症の人だけではなく一般的にも共通して言える事です。
しかし、ダウン症には合併症の危険性が少なからずあり、詳しいデータは無いようですが、現在でも平均寿命は50歳をようやく越える程度だと言われています。

これからの医療技術の進歩により、合併症の危険性を減らす事と、何よりもダウン症自体に治療の道を開く事が待たれています。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?