この記事は約 1 19 秒で読めます。

結婚をしている間柄であるならともかく、さらにこれから結婚をする予定があるならまだしも、まだ彼との間にそうした話題もない状態で、彼のお母さんにプレゼントをする機会がやってきてしまったら…?

これはかなり緊張感をともなうことですよね。

でも、そうした状況が来てしまったら、ここは腹をくくってしっかりリサーチをして良いもの、相手が喜んでくれるものをプレゼントしたいですよね。

実は検索数も多い「彼のお母さんへのプレゼントについて」、みんなはどんなものをプレゼントして「成功」しているのでしょうか?

客観的に考えることはとても大事

「彼のお母さん」と考えるとかなり緊張感がアップする課題なのですが、そこで色々と悩んでいるなら、ひとまずはその「彼のお母さん」というフィルターを外すことをおすすめします。

というのも、もしそのフィルターがなければ「彼のお母さん」は「年上の女性」と言う風に言い換えられるからです。

しかも、自分の母親とあまり年代が異ならないのであれば「(自分の)お母さんくらいの女性」となり、何だかその存在がグッと身近になるからです。

でも、一つ気を付けたいのは、存在が身近に「感じられた」としても実際に存在が身近なわけではない、ということ。

つまり、彼のお母さんは、「自分の母親とあまり年代の変わらないけれど、あまり会う機会のない年上の女性」だからです。

こうした存在の女性には一体何を贈るのが良いのでしょうか?ここで大切なことを以下にご紹介します。

彼の協力を最大限仰ぐ

これは何よりも大切なことです。何と言っても一緒に暮らしてきた人なのですから、少しくらいはお母さんの好みを知っているはずなのです!…が、実は大抵の男性はお母さんの好みを把握していたりはしません。

何色が好き?なんていう基本的な質問にすら答えられない人が多いのです。

彼がお母さんの好みをほとんど知らない場合には、彼にプレゼント選びをさせて、渡す際に「○○くんに選んでもらったんです」と言えば、もしお母さんの好みと違うものをプレゼントした時にも事態が良い方向へ行く場合が多いです。

自分の立場も客観視

冒頭にも述べましたが、これから結婚をすることが決まっているとか、そうしたことはなくても普段から彼のお家でよく会っているというのでなければ、息子の彼女からプレゼントをもらうと、お母さんだってちょっと恐縮をしてしまうと思います。

ですので、まず本当にあまり会う機会がないのであれば、彼からお母さんの誕生日が近いと聞いたというような「プレゼントを贈っても不自然ではないタイミング」で贈り物をするのが良いですよね。

そのうえで、最初は「消え物」、つまり食べ物や使えばなくなる物を贈るのがベストでしょう。

例えばちょっと並ばないと買えないような話題のお菓子とか、普段使いにするにはお高めのハンドクリームなんて、誰からもらっても嬉しいと思いますよ。

そうしたものに、小さめの可愛いフラワーアレンジメントなんて添えるととても印象が良いと思いますよ。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?