この記事は約 1 43 秒で読めます。

ぎゅーっとプエラリアを飲んでいて「全然効果がない!」と思ってしまったあなた、ぎゅーっとプエラリアの効果を最大限発揮する上手な飲み方ができていない可能性があります。

実はインターネットの口コミを見ていても効果がないって言っている人は、たいてい間違った飲み方をしてしまっています。

ぎゅーっとプエラリアは効果なし!と決めつけてしまう前に、このページを参考にして活用してみてくださいね。

もちろんですが飲み忘れはNG!

サプリメントというのはお薬ではないので、飲んですぐに効果が出るというものではありません。

なので、今日飲んだから明日には胸が3サイズアップした!というようなミラクルは起きないと思ってください。

意外にありがちなのが飲み忘れてしまうということ。サプリメントというのは食事習慣の延長のようなものなので、毎日ちゃんと続けて飲まないとダメなんです。

たまに1日くらい飲み忘れてしまう程度であればいいのですが、週に2回も3回も飲み忘れてしまうというような飲み方だと効果がなかなか出ません。

思い当たる節が合った方は、ぎゅーっとプエラリアは効果が出ないと嘆く前に、忘れずに飲む習慣を心がけてみてくださいね。

食後に飲んでいると効果が半減?

ぎゅーっとプエラリアは飲む時間が決まっているわけではないのですが、食事の後でお腹がいっぱいの時に飲むと、井の中の食べ物と混ざってプエラリアなどバストアップ成分の吸収が後回しにされてしまいます。

できれば朝起きてすぐとか、お昼ご飯の前というようにご飯を食べる30分前くらいまでに飲むことで胃の中が空っぽな状態でプエラリアを摂取することができますよ。

これは私なりの飲み方なので、参考にしてみてくださいね。

どれくらい続けて飲むと効果が出るの?

サプリメントというのは続けて飲むことで効果を実感することができるものです。なので、まだ効果を感じることができていないという場合は飲む期間が短いということが考えられます。

どれくらい続けて飲めば効果が出るのかということですが、こればっかりは人それぞれ体質も違えば生活習慣も違うのでなんとも言えない部分です。

1ヶ月で効果が出る場合もあれば3ヶ月くらい飲み続けて効果が出る人もいることと思います。

ちなみに私の場合は2ヶ月くらいで効果が出ました!

1ヶ月2ヶ月程度しか飲んでいないのに、途中で効果が出ないと思ってやめてしまうと、今までせっかく飲んできた習慣が無駄になってしまうのでせめて3〜4ヶ月は続けてみることをオススメします。

もしそれでも効果がない場合は?

これでも効果がない場合は、もしかすると効果が出るまでに時間がかかる体質なのかもしれません。

1日3粒ずつ飲めるように1ヶ月分で90粒入っているのですが、3粒をまとめていっぺんに飲むよりも、朝・昼・晩というような感じで時間を分けて飲むのがいいと思います。

毎日飲んでいても効果がないと感じている場合は、一気に飲んで短期間に吸収させるよりも、じっくりと吸収させた方が体に合うのかもしれません。

ぎゅーっとプエラリアを買って頑張ってセクシーな体を作ろうと思ってたのにうまくいかないとヤキモキしてしまうかもしれませんが、焦らずにじっくりと続けていけば必ず結果は出るはずです。

せっかく始めたのに目標を達成しないままやめてしまうのはもったいないですから、ちょっと辛抱して続けてみてくださいね。

あるときを境にどんどんサイズが大きくなって、今の下着じゃおさまらなくなるはずですよ!

まだ試していないあなたは、周りの「効かない」という口コミがなぜ効かないのか?としっかり聞くようにしてから(大抵の場合は1ヵ月も続けて飲んでない人が多いです。)判断するようにしたほうがいいです。

人の意見だけをあてにして、自分の胸が大きくなるチャンスを逃しちゃうとすごくもったいないので、とにかくまずは一度試してみてくださいね!

がん治療については多くの研究者が様々な治療法を研究しているということもあり、本当に日進月歩で新しい方法が生まれています。

遺伝子からがん治療を取り組もうとする方法や、新しい薬剤を開発する方法、手術にするにしてもより身体に負担を掛けない方法など、がんにおける最新の治療法を挙げていくと枚挙にいとまがないほどです。

その中でも、現在新しいがん治療法として注目を集めている「重粒子線がん治療」について、今回はご紹介します。

「重粒子線がん治療」の基本

重粒子線、日常生活ではなかなか耳にすることがない単語ですよね。

でもこの単語の表すものが、現在のがん治療では「最先端」と言われているのです。

ではそもそも重粒子線で行うがん治療とはどんなものなのでしょうか?

重粒子線がん治療=heavy ion radiotherapy:これは放射線治療の1つなのですが、今までの放射線治療と違い、がんの病巣を「ピンポイント」で狙い撃ちできる方法です。

がんの病巣をピンポイントに狙えることから、病巣だけに充分なダメージを与えることが可能なのですね。

ということは、がんになっていない正常な細胞へのダメージを最小限に抑えることができるということにもなるのです。

外科手術と異なる利点

がんの病巣を取り除くという治療は、一番物理的な方法だと外科手術が挙げられます。

外科手術でのがん治療も、とても有効な方法であることに変わりはありませんが、やはり患者さんの心身には大きな負担となります。

しかし、重粒子線治療だと、外科的な処置は必要ありませんし、放射線もがんの病巣部分で量がピークになる特性をもっているため、とにかく身体への負担が少なくて済むのです。

副作用はどうなっているの?

重粒子線も放射線治療であるので、やはり副作用が気になるところなのですが、先に述べたように、この治療では重粒子線はがんに狙いを定めてピンポイントで照射をするため、従来の放射線治療と比較すると、重度の副作用はほぼ認められないと言われています。

重粒子線がまだ研究途上にあった際には、手術による治療が必要となる潰瘍や穿孔が起きるということもありましたが、最近では強い副作用が予測されるような場合には、あらかじめ線量を減らすことが考慮されたり、照射法を工夫するなどの配慮がされるようになったため、過去に起きたような重い副作用は認められなくなっているということです。

重粒子線がん治療の今

ここまでご紹介してきたように、重粒子線治療と言うのは、現在のがん治療において、医療関係者・患者どちらからも注目を集めている治療法ですが、まだまだ身近な治療と言われるほどには普及していません。

また、この治療法は日本で確立された治療法で、そもそもは独立行政法人であり放射線医学総合研究所が、巨額の国費を投じて開発・治療開始をしたものなのです。

臨床での治療は1994年から行われているのですが、その巨額の研究・開発費から、治療費も高額になっているのが患者へのハードルとなっています。

こうした患者への高額な負担をどのように下げて、普及させるかと言う点が、重粒子線治療の現在の課題となっています。

重粒子線がん治療の具体例

現在、クリニックによっては、この重粒子線がん治療を行える施設も少しずつ増えています。

以下に、重粒子線がん治療を行った際の平均的な回数や期間をご紹介します。(もちろん回数や期間は目安なので、詳しくは重粒子線治療を行える施設の担当医にお尋ねくださいね)

肺がん
回数=1~26回 期間=1日~6週間
肝臓がん
回数=2~38回 期間=2日~8週間
前立腺がん
回数=16回程度 期間=4週間程度
子宮がん
回数=20回程度 期間=5週間程度

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活のお悩みを解決する情報や役立つ情報を配信しています。