この記事は約 1 25 秒で読めます。

毎日の食事から始まる健康生活、病気になりにくい身体を作り上げるのは、日々の正しい食習慣にかかっています。基本は身体にいい食材を使って、ちょっとした工夫で美味しいメニューに仕上げる事。

いくら健康的でも、美味しくないと続けられません。テーマは「美味しく食べて健康になろう」、では簡単でヘルシーな料理の基本をご紹介しましょう。

簡単シンプル健康メニュー

ほぼ無限にある食材の中から、毎日違った物を選んでいては、すぐに疲れ果ててしまうでしょう。

そこで、ベースになる食材をいくつか決めて、組み合わせを変える事でバリエーションを増やします。

大まかに分けて考えると、基本食材としては「野菜」「良質な肉」「魚」「加工食品」、そして調理や味付けに必要な「油」「だし」「調味料」などでしょう。

野菜中心の食事は健康への近道、ただし野菜なら何でも食べればいいというものでもないのです。
理想的なのは近くに農産物直売所があれば、そこで新鮮な野菜を手に入れる事です。
でも近所にスーパーしかないのであれば、なるべく栄養価の高い野菜を選んで下さい。それには旬の野菜を知る事が必要です。

現在市場で流通している野菜は、昔の野菜と比較して栄養価が大幅に不足しています。特に旬を外れて作られている野菜、例えば冬場のレタスやきゅうりなどは、残念ながら食べてもほとんど栄養は摂れません。

旬の野菜の見分けるには、その時期店頭に大量に並べられていて、価格が安い物を探して下さい。旬の野菜は放っておいてもたくさん採れるから安いのです。夏場のきゅうりやナス、冬場の白菜などがその一例です。

SPONSORED LINK

ステップ式健康メニュー

旬の野菜を手に入れたら、まずは一番簡単な調理方法を試してみましょう。包丁で切ってお皿に盛り付ければ出来上がり、野菜サラダです。最近はおしゃれにバーニャカウダとも呼びます。

この野菜の刺身を中心に、塩、醤油、オリーブオイルなどを小皿に散らせば、それだけでいくつかの味が楽しめます。これをおしゃれにディップと呼べば、まさにバーニャカウダ。

野菜だけでは味気ない、だったらお肉もメニューに入れましょう。肉類からの脂肪分の摂り過ぎは成人病の要因でもあるので、普段は低脂肪の鶏ムネ肉やささみを使います
時々は豚肉や鳥もも肉も食べましょう、脂肪分だって身体に必要な栄養素を含んでいますから。

肉類メニューは焼くのが一番合理的です。一緒に野菜もそのまま焼いて、味付けしないままお皿に盛り付けます。ここにまた調味料で工夫すれば、調味料の種類だけ違った味が楽しめます。特にお肉には天然塩がおすすめです。

焼いたら次は茹でてみる、それから更に味付けして煮てみる。パスタや麺類をストレートで添えてみるのもおすすめです。味付けせずに自分で調味料を付ける食べ方なら、塩分や油分の摂り過ぎを防げます。

簡単シンプルなメニューから始めて、少しずつレシピを増やして行けば、家族の誰もが飽きる事なく健康メニューを楽しめます。
献立のネタに詰まったら、原点に回帰してまたシンプル・メニューから楽しみましょう。

手の込んだ料理が美味しくて健康的とは限りません、食材そのものの味を楽しむメニューも一度チャレンジしてみて下さい。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?