この記事は約 1 13 秒で読めます。

骨盤のゆがみは生活習慣から

骨盤ダイエットを始める前に、まず自分の骨盤をチェックしてみましょう。最初に骨盤のゆがみを引き起こす生活習慣から紹介します。

日常的な動作やクセによって体のバランスが乱れると、骨盤も影響を受けてゆがんでしまう場合があります。
骨盤の位置に狂いが生じれば、更に全身の筋肉にも影響を及ぼして、様々な障害の原因になります。

人間の体は左右対称でバランスをとっていますので、右と左のどちらか一方に負担をかける生活習慣が、骨盤のゆがみを招く要因となります。

具体的には、いつも脚を組んで座る、決まった方の肩にだけバッグをかける、寝る時に同じ側を下にしたりうつぶせに寝たりするなど、習慣が固定化すると体がそれに合わせてしまいます。

その結果肩こり・腰痛を始めとして、神経痛・頭痛・めまい・睡眠障害などの体調不良が起きたり、むくみ・便秘・下半身太り・冷え性などの症状を併発します。

簡単にできる骨盤チェック

骨盤のゆがみをチェックする方法はいくつかありますが、簡単なのは仰向けに寝て体の力を抜き、自分で骨盤の左右の高さを比べてみるやり方です。
はっきりとどちらかが高い場合は、骨盤が前後にゆがんでいる可能性があります。

もう一つは、正座した状態から真っ直ぐに膝から上を起こして、左右の骨盤の高さを比べるやり方です。
どちらかが高いと、骨盤が上下にゆがんでいる可能性があります。

SPONSORED LINK

骨盤ダイエットのやり方

さあ骨盤チェックが終わったら、早速骨盤ダイエットを始めましょう。やり方は非常に簡単、基本は両足を肩幅程度に開いて立ち、腰に手を当てればスタンバイOK。

ステップとしては4つ

  1. まずは骨盤を前後に8回動かします。
  2. 次に骨盤を左右に8回動かします。
  3. そして骨盤を右と左に8回ずつ回します。
  4. 最後に骨盤で8の字を描くように8回スライドさせます。

なぜ8回なのか、それは人体の構造と運動の効果から導き出された数値だからです。左右のバランスをとるためには奇数になり得ないし、それぞれを1セットとして繰り返すためには、10回を超えては多過ぎるからでしょう。

骨盤ダイエットはこの1~4をセットにして繰り返しますが、朝晩の時間がある時に10分程度からスタートしましょう。ただし無理は禁物です。痛みを感じたり、極端に疲れるまで続ける必要はありません。

骨盤を正しく動かしてゆがみを矯正すれば、筋肉のバランスが適正化され、新陳代謝も活発になって全身のムダな脂肪が燃焼し易くなります。その上で適度な運動を生活に取り入れて、食事のカロリーを抑えればダイエットの効果は更にアップします。

骨盤回しと運動とカロリー制限で1セット、これが骨盤ダイエットだと信じてがんばって下さい。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?