この記事は約 1 42 秒で読めます。

酵素ダイエットで飲用する酵素飲料というのは、そもそもダイエットというよりは「体内の老廃物排出」に効果的なものなので、「体質改善」効果の方が軸かもしれません。

つまり、酵素飲料は、「体質改善できる上にダイエット効果も期待できる」と表したほうが、本当は正しいと言えそうです。

また、酵素飲料だけでなく、酵素を含んだサプリメントも、体質改善効果を謳うものが多くあります。これらのことからも、酵素というのは実は「体質改善」の強い味方といえるものなんですね。

こんな身体の心配を改善してくれる?!

酵素というのは、人間が活動するに当たり、とても重要な役割をしています。

その役割とは「細胞の活動」を「スムーズにする」役割です。ゆえに、私たちが自分お体内に持っている酵素は日夜休むことなく(休んでしまったら私たちの身体は立ち行きません)細胞を活動させるために消費されています。そう、酵素は消費されるものなのですね。

しかし、私たちが生まれながらに持っている酵素というものには数に限りがあります。だからこそ、外から新たに酵素を取り入れることで、体内の酵素を節約し、免疫力を上げているのです。

ここで、酵素の節約が免疫力のアップに繋がることをサラリと書きましたが、これは本当に大切なポイントで、体内の酵素には、皮膚などの代謝ということに消費される「代謝酵素」と、アミノ酸分解酵素などに代表される「消化酵素」があります。

外部からの摂取で補いやすいのは消化酵素なのですが、外部からの摂取で消化酵素を補えば、必然的に「そもそも存在していた体内の酵素」の比率は代謝酵素が多くなります。

すると基礎代謝をより円滑に行えるようになるので、内臓機能の活性化ができるのですね。

イコール、体内の解毒作用が高まり、体内が正常化していくのです。これらを踏まえれば、身体のだるさや頭痛や頭重、血流の悪さなどを、酵素を摂る事で改善できるであろうことが予想できます。

つまり、肝臓や腎臓、小腸や大腸など、消化器系の内臓の機能アップをしてくれると考えられるのです。消化器系の機能が正常化することは、人間にとっての基本的な体調が整うことに繋がるので、アレルギーなども軽減されると考えられています。

SPONSORED LINK

醗酵食品と免疫力

日本で昔から馴染み深い醗酵食品といえば、味噌に醤油、納豆にお酢、みりん、それにちょっと意外なところでは鰹節などが挙げられます。

酵素液、酵素飲料というと「?」と思っても、親しみやすいものでは「酢酸」つまりお酢が純粋な酵素飲料なので、ちまたに溢れる「りんご酢」や「ざくろ酢」「ブルーベリー酢」など、希釈して飲めるものは酵素飲料になります。

一昔前、お酢を飲むことが流行って、そこから市場にも先述したようポップなお酢飲料が増えましたが、これもお酢を飲むことは身体に良い!とテレビなどで大きく取り上げられたことによるものでした。

さて、日本に古来からあるもの以外にも、ヨーグルトは身近な醗酵食品ですし、ヨーグルトの腸内環境への良い効果はあなた知るところだと思います。

実は酵素など、醗酵食品などで「腸内環境」を整えることは、体質改善の第1歩とも考えられており、この腸内環境の正常化によって、花粉症などのアレルギーやアトピーなども改善することがあるという報告もあるほどです。

消化のために酵素をたくさん使いすぎてしまうと、代謝の酵素が充分になく、身体は重くなります。

更に消化酵素まで減ってきてしまうと、腸内環境まで荒れてしまい、体調はますます悪化してしまいます。

インターネットなどで販売されている酵素飲料をいきなり購入するのが躊躇われるのであれば、まずは馴染み深い醗酵食品を毎日摂る事から始めて、酵素の力を実感してみてください。

そして、少しずつでも体質が改善されてきたら、本格的に酵素飲料を飲用してみるのも1つの方法だと思いますよ。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?