この記事は約 1 14 秒で読めます。

「健康食品」という言葉から連想するイメージは何でしょうか?
栄養成分をたっぷり含んだサプリメント?
それとも体にとって良くない原材料を、できる限り排除した無添加食品のこと?

どうも定義があいまいな感じがする健康食品ですが、体に気を遣った食品である事には間違いないでしょう。
それなら積極的に生活に取り入れたらどうか、でもそれには健康食品についてもっと良く知らないと。

というわけで、一般的な健康食品について、ここで一度簡単にまとめておきましょう。
題して「健康食品基本講座その1」です。

素材原料から考える健康食品

ここでは「オーガニック」について採り上げます。食品の原材料にこの「オーガニック」や「有機栽培」と表示されている物があります。価格は他の市販商品に比べてかなり高めで、緑色のマークが付いていたりします。

オーガニックとは日本では一般的に、農業における有機栽培農法とその農法によって育てられた農産物の事を意味するもの。簡単に言えば、化学肥料や農薬を使わずに生産された野菜や果物の事です。

ただし正式に有機栽培として認定される基準は厳しくて、いくつかの定められた条件をクリアした生産者だけが、国で認められたJASなどの登録認定機関から認定を受ける仕組みになっています。

健康食品の1部門に含められるオーガニック食品には、野菜や果物だけではなく、身近なところではパスタや小麦粉、ジュースや雑穀類など非常に多種多様な商品があります。
基本的には有機栽培で育てられた野菜などを原材料にして作られています。ではそれらのオーガニックな食品を食べると、なぜ健康に良いと考えられるのでしょうか?

SPONSORED LINK

体にいいものを食べるワケとは

農薬や化学肥料は、石油化学工業の進歩と共に生まれて来ました。元々自然界には無かった物質なので、食事を通して人体に摂り込まれると、予想できない影響が出る恐れがあります。

直接的な関連性は追求されていませんが、特に農薬については様々な病気の原因になるなど、多くの研究結果が出ています。
農薬はいくら人体に無害だと言われていても、やはり生物を殺す物質ですから、残留農薬として体内に吸収されていい気持ちはしません。

昔の豊かな自然環境と、そこで生産された安全な農産物、それらを取り戻すために広がっているのがオーガニックの考え方であり、その考えを日常の生活に取り入れたのがオーガニック食なのです。

自分の体を構成する素材を安全な物に入れ替えて、内部から健康な体に変身する事と考えてもいいかもしれません。
オーガニック食品はいわゆる「健康食品店」や「ナチュラル・フードの店」で手に入ります。
オーガニックに少し関心を持ったり、もっと詳しく知りたいあなたは、一度健康食品のお店を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活の中に潜む「お悩みを解決する」ための情報や日々の暮らしを豊かにするために役立つ情報を配信しています。 まずは【このサイト内から検索】から自分の感じていることや気になっていることを思いつくワードで検索してみてくださいね!もしかしたらヒントが出てくるかも?