この記事は約 1 33 秒で読めます。

現代の子ども達は、アトピー性皮膚炎だけでなく、食物や粉塵、ハウスダストや自然環境など、様々なものに「アレルギー」を起こす子どもが増えています。

赤ちゃんや幼児でアトピーを発症している子どもさんは、アトピーの他にも悩んでいるアレルギーがあることも多いそうです。

そうしたアレルギー起因の症状に関して、どういったことを気を付ければ、症状が改善するのでしょうか?

何よりも大切なことは「胃腸」の強化

子どもの頃のアレルギーというのは、一般的に成長するに伴って軽減する場合が多い事をご存知ですか?

これは、身体が成長することで、様々なものへの免疫が強くなり、何よりも胃腸の働きが強化されることで、アレルゲンを体内に摂りこまなくなるために、アトピーを始めとするアレルギー症状が改善していくと言われています。

つまり、食事などで体内に入ったアレルゲンが、胃腸でしっかりと分解させるようになるために、アレルギーを発症しなくなるというわけです。

ということは、アレルギーを発症してしまっている子どもというのも、胃腸を強化していくことで、少しずつでもその症状や、アレルギーへの対抗力が強くなるということなんですね。

胃腸を強化するにはどうすれば良い?

これまでに、胃腸の強化がアトピー改善に大切な点であることをご紹介しました。ではどのようなことが、胃腸の強化につながるのでしょうか?

ここからはその具体案をみていきます。

腸内環境の改善

これは端的にいうと「便秘を改善する」ということです。

便秘になると、本来は排出されるはずの便が腸内に残り、悪性のガスを放出するようになったり、毒素を腸内に残すことをしたりします。

そうなると、ただでさえ敏感な幼児の腸と言うのはすぐに荒れてしまうのです。

腸が荒れると、腸壁も弱くなるので、通常だと止められるはずのアレルゲンが止められず、体内に摂りこまれるようになってしまいます。

こうしたサイクルを止めるために、まずは便通の改善をすることが何より大切です。

食事によって胃腸を守る

白砂糖が胃腸に負担をかけることは、最近ではよく言われることになっていますが、この白砂糖、アトピー性皮膚炎の子どもたちにとっても天敵です。

砂糖は子どもが大好きなものであるので、全般的に抜いてしまうのは少々ツラいですが、症状がひどいのであれば、数日間でも砂糖抜きの食事にチャレンジすると、その効果がよくわかると思います。

特に生活において白砂糖を使っていた家庭では、その白砂糖をてん菜糖やキビ砂糖に変えるだけでも症状が違ってきますよ。

塩素が症状を悪化させる?!

日本の水道水は、とても丁寧に浄化され、水道から水を飲んでもお腹を壊すことがない、とても恵まれた環境に私たちは暮らしています。

しかし、この「美しい水」を飲むことができるのも、浄化の際に「塩素」が大量に使用されているからなのです。

そしてこの塩素こそが、アトピー性皮膚炎を悪化させる要因の1つとも言われています。

つまり、日常的に使用している塩素を取り除くことができれば、現在の症状も改善に向かわせることができるのです。

手っ取り早いところからいくと、まずは飲料水は浄化ポットを使用するとか、お水のレンタルサーバーを使うなどして「塩素」が除去された水を飲むことが大切です。

そして、できればお風呂の水も、ビタミンCの錠剤を入れるなどして、塩素を中和させて入ると、肌への負担が軽くなり、さらに肌から体内に取りこまれる塩素がなくなるので、アトピーは徐々にでも改善をしていくはずです。

 

The following two tabs change content below.
そりゅーふぉメーション!

そりゅーふぉメーション!

このサイトでは日常生活のお悩みを解決する情報や役立つ情報を配信しています。